FC2ブログ

記事一覧

木星の再処理(何回目だ?!)

11月8日に撮影した木星を、また再処理してみました。
 

前回掲載した画像と微妙に撮影データが違うので一応・・・
 
2013年11月8日 3:09:33~(撮影開始時刻)
シーイング:4~5/10  透明度:8/10
タカハシ:TOA150B + テレビュー パワーメイト5×(合成F約50)
キャノン:EOS60Da(ISO2500)
露出:1/60  ビデオクロップにて120sec。動画撮影。
ビクセン:AXD赤道義 
撮影場所:自宅屋上(長野県小諸市)
Registax 6 にて2500フレームをスタック → ウェーブレット処理
ステライメージVer 7 にてアンシャープマスク処理
Photoshop CS6 にて色彩、コントラスト、明るさ等調整
 
最近、一般的に行われてる解像度を上げるための画像復元「最大エントロピー」法は、どうもEOSのクロップ動画には相性が悪いようで、ノイズが目立ってしまいます。そこで昔ながらの方法。「アンシャープマスク」を使ったのですが、前回はかけすぎで不自然な感じになりました。そこで今回はちょっと弱めにかけて、色も透明感を感じるくらいに仕上げてみました。
 
実はこの画像。身の程知らずで天文雑誌に応募してみようか・・・などと企んでいました。木星の応募って少ない感じだし、15センチではまあまあかな・・・と思ったのですが、まだ改善できるところはあると思い直してやめにしました。
 
木星の輪郭部分に走る線状のノイズは、カメラ側で動画を保存する際に圧縮したときに走る走査線とのことで、これはいたしかたないとのことです。もっと見栄え良く解像度を上げるにはシーイングが良いときを見計らって、良質なコンポジット画像を重ねる以外に方法がないかと思いますがいかがでしょうか?
 
こうなってくると撮影用カメラを専用のものにしてみたい衝動にかられますが、現在、自分は「一刀流」にちょっとこだわろうかと・・・。現在は、あらゆる天体撮影をEOS60Daで行ってます。一つのカメラでどこまで表現できるか・・・。まあ、新しい機材の購入資金が無いだけですが・・・(汗)
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!