FC2ブログ

記事一覧

「木星」の画像処理・・・ドツボにハマる・・・

昨夜は木星を撮影しました。しかしながら画像処理でドツボにハマりました。
 

 
 
「木星」
2013年10月31日 05時12分35秒~
タカハシ:TOA150B(D150mm/F7.3) + テレビュー プローセル20mm
キャノン:EOS60Da(ISO1250)ビデオクロップにて動画録画
ビクセン:AXD赤道義 
Registax.Ver6にてスタック。ウェーブレット処理
Photoshop.CS6にて明るさ、コントラスト、色彩調整
※トリミング有り
撮影場所:自宅屋上(長野県小諸市)
 
せっかく「大赤斑」にお目にかかれたのですが・・・。なぜかスタックした画像にウェーブレット処理を加え始めると、波打ったようなノイズが走り出します。以前、UTOさんより「諧調不足」との指摘があったので、倍率を下げたりカメラの感度を上げたりしたのですが。ひょっとしてシーイングの影響かもしれないと思いましたが、昨夜は5/10くらいはあったと思います。アストロアーツの投稿写真にはこれよりも悪いシーイングで、しかも同じ15センチで。カメラも普通のデジカメで撮影した素晴らしく高精細な画像も見られます。
 
いったい何が違うのか・・・
 
考えられるのは・・・
 
ピント?
カメラの設定(露出、感度、シャッタースピード・・・etc)?
Registaxなど処理ソフトの使い方?
・・・・
 
カメラを惑星用のもの替えれば簡単に問題解決できるのかもしれませんが、TOA150Bを導入したばかりで購入資金無いし・・・。それにまだEOSでもできることがあると思うわけで・・・
 
惑星写真
 
何か気づくことがありましたらアドバイスいただけると有り難いです。
 
来年の火星接近までにはもっと腕を上げたいものです。
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

お早うございます。
惑星の撮影はシーイングが決め手です。昨日のシーイングは最悪の部類に入るものでした。その割にはシャープな画像だと思います。
RegiStaxの処理では1フレームずつチェックして、よいフレームだけ残せばより解像度が上がるのですが、横着な私はそこまでする根気がありません。
今朝も木星とにらめっこしてますが、シーイングは改善していません。

No title

mn3192さん

さっそくのコメントありがとうございます。やはりシーイングなんですかね。天頂付近にあったので、割と落ち着いてるなと思ったのですが。それでも前回よりは良くなかったので、拡大率を下げたのですが…

今シーズンは本当に天候にも恵まれないので、ヤキモキしてます。

惑星写真も奥が深いですね。

No title

自分のカメラのムラはタマネギ状ではなくシミのようなムラだったんですが・・・。静止画で撮ってみて改善しないようだったらフィルムカメラを使ってみてください。フィルムで撮ると画像処理はしにくいのですが・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!