FC2ブログ

記事一覧

10月7日のアイソン彗星(C/2012 S1)

ようやく、はじめて「アイソン彗星」を捉えました。
 

 
「アイソン彗星(C/2012 S1)」
 
<撮影データ>
2013年10月7日 3:36~
タカハシ:FSQ106ED(f 530mm/F5)
キャノン:EOS60Da(ISO1600)
露出:150sec×5枚
ビクセン:SXP赤道義 
ガイド:miniBORG50+ワテック:WAT-902H2 ULTIMATE  アドバンスユニットによるビデオ(オート)ガイド
撮影場所:北八ヶ岳天文台(長野県佐久市)
 PhotoShop CS6 / ステライメージVer6.5にて画像処理
※中央部トリミング
 
東の空低く、光害の影響を受けての撮影でしたが、意外にしっかりしたイメージで驚きました。写り込みの感覚から9~8等級くらいありそうな印象ですが、いつも参考にしている吉田誠一さんのHPでは、10月4日時点10.7等級だそうです。急増光したか自分の見込み違いか(多分後者でしょうね)。
 
しかしすでにダストの尾をたなびかせていて、活動が活発になってきたようです。この彗星は太陽をかすめるように接近するので、これからの活動の活性化に期待したいです。
 
今年最初の大彗星候補。「パンスターズ彗星」は、満足いく追跡が出来なかったので、このアイソン彗星はこれからの成長をしっかり見守りたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

No title

おおっ、もう彗星の形してますねー。
今回はパンスト君の時のように慌てる必要はないので良いのですが、成長度合いの方が心配でした。でもこれならそこそこには明るくなってくれますかねえ?
そもそもちゃんと晴れるかが大問題ですが(笑)

No title

>かわうさん
今月発売の天ガと星ナビ。執筆者が違いますが、アイソン彗星については対照的な予報、展望でした。自分は中野主一さんが執筆された天ガの希望的展望を信じたいです。

9月初めまで明るさが変わりなくヤキモキしましたが、ここにきて急速に光度を上げてるようです。サングレーザーなので、変化が激しいのだと思います。

11月末からの接近なので、冬型の快晴(太平洋側ですが)に期待したいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!