FC2ブログ

記事一覧

木星の画像処理

先週撮影した木星の画像を、ようやく画像処理いたしました。
 

 
「木星」
2013年9月19日 03時45分 
タカハシ:TOA150B(D150mm/F7.3) + テレビュー プローセル20mm
キャノン:EOS60Da(ISO ?)ビデオクロップにて動画録画 
 ビクセン:AXD赤道義  
Registax.Ver6にてスタック。ウェーブレット処理
Photoshop.CS6にて明るさ、コントラスト、色彩調整
トリミング有り
撮影場所:自宅屋上(長野県小諸市)
 
撮影技術。画像処理の未熟さで、なんともお恥ずかしい画像です。TOA150の実力の半分も出せていないのではないでしょうか。強調処理をするとなんか周りにヒビ割れたような亀裂のような模様が走ってしまいます。多分、ピントも甘いですね。撮影、処理データも記録し忘れてたり。天体写真は科学写真なので、きちんとデータを取らないといけません。反省点です。
 
しかしながら今年はシーイングが悪いです。ひどいです。偏西風が蛇行して、すでにジェット気流が日本を覆ってるようで通年のような良気流に全く巡り合えません。なんなんでしょうこの気候は・・・
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

自分も時々惑星を撮影するのですがデジカメを使うとccdのムラ?汚れ?キズ?のようなものが映り上手く撮れません。ひょっとしたらccdを交換すれば改善するかもしれません。分かりませんが•••。

No title

シーイングばかりはどうにもなりませんね。
まあ、いつかピタリと木星が止まるような好シーイングに巡り会える事を祈りましょう!

No title

ari*eoj* さん

この亀裂模様は、確かどこかで原因が指摘されてたと思うのですが・・・忘れました(汗)多分、元画像の質、「肉ノリ」の不足かな?と思います。スタック枚数が1000枚を下回ってるので、枚数をもう少し増やしたり、工夫してみたいと思います。あとピントかな・・・。でもこの悪シーイングだとなかなか慣れないと見極めが難しいですね。

No title

マッチロさん

昨夜はけっこうシーイングが良かったのですが、夜中、起きれませんでした。天文趣味ってけっこう我慢が必要ですよね。

No title

ムラはひょっとしたら、階調不足、かもしれません。
露光時間を変えられれば解決するかもしれませんが、そうでないと拡大率を少し落とすしかないのかもしれませんね。
こういう玉ねぎ状ノイズは、Webカムで良く見られましたが、単純に光量不足→動画圧縮で起こる原因が多かったです。
デジカメ動画はやったことがないのではっきりとはいえませんが・・(X-E1なら動画機能もあるんだよなぁ・・・そういえば・・)

No title

UTOさん

アドバイスありがとうございます。ちょうどUTOさんの木星画像が素晴らしかったので、質問しようと思ってたところでした。ライブビューでは十分に明るく見えたのですが、やはり露出。光の「肉ノリ」が足りなかったのですね。ちなみにPL10mmで拡大率を上げた画像は、処理をするとボロボロでしたので理解できます。拡大率を落とすかカメラの感度を上げてみます。

No title

動画で小さな点光源を撮影すると露出オーバーになりやすいので露出補正ができるカメラを使わないと上手く撮れないと思います。星雲や星団は大丈夫だと思いますが•••。

No title

ari~さん

難しいことは分からないのですが、そこは拡大率と感度設定。シャッタースピードを変えることで妥協点が見つけられるのでは…と思いますがいかがでしょう。実際にEOSやLUMIXのクロップ機能で、惑星撮影での大きな成果を出されてる方はかなりいますので。自分の研究不足だと思います。

どちらにせよ機材の拡充はしばらく無理なので、現有の機材で試行錯誤してみます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!