FC2ブログ

記事一覧

春の晴れ間

「春の晴れ間は三日と続かない」
 
と申しますが。まさにそのとおろで、冬場、あれだけ毎晩快晴に恵まれてたここ長野県の東側も、三月中ごろからほとんど曇りか雨です・・・orz
 
昨日、ヤフー天気予報(ここの星空指数は何気に当たる・・・と個人的には思う)と、GPVを見ると夜から晴れてくる予報でしたので、仕事が終わってから自宅屋上に機材を設置しました。
 

 
視直径の小さな銀河がターゲットですので、FSQ106EDではなくTSA120(+35フラットナー)に登場願いました。アメーバブログから読んでいただいてる方。
 
「あれ?」
 
ってお思いでしょうが、土台についての顛末はまたの機会に書くこととします。
 
20:30くらいには準備が整ったのですが、空は厚めの薄雲(微妙な表現・・・)がかかってて、イマイチな感じ。手始めに天頂付近にある「獅子座トリオ」を狙ったのですが、薄雲に街の光が反射してしまい、すぐに被ってしまいます。
 
あらためてGPVを見ると、24時ごろから快晴域に入る模様。ということで11時半くらいまでとりあえず仮眠することにしました。目覚ましをかけてほどなく就寝・・・・
 
ハッ!!と目を覚まして時計を見ると・・・
 
1時30分!!
 
目覚まし鳴ってないじゃん!!
 
もう時間がありません。月は2時過ぎには上がってきます。屋上に出ると軽く春霞はかかってますが快晴。貴重な春の晴れ間の大部分を眠りに充ててしまいました・・・orz
 
そんなこと言っててもしょうがないので、この時点で条件が良さそうな「M51」に向けて機材をセットアップ。いまだ慣れぬアライメント、ピント合わせ、ガイド星導入、キャリブレーションを、いままでにないスピードで済ませ、シャッターを切ったのが1時55分。
 
時間がない!!
 
幸い夜中になると、街灯の影響も格段に減るので、ISO設定を1600にして、多数枚コマを稼ぐ方針にしました。それでも3時近くまで月の影響はほとんど無かったので、一コマ5分設定で10コマは撮影できました。
 
あ~!!しかし貴重な春の晴れ間。勿体ないことしてしまいました。この晩に撮影した「M51」は、週末処理して掲載したいと思います。
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

>>土台についての顛末はまたの機会に書くこととします。
って言うか 一度目にしたらそこが気になってしまって後の文章を流し読みしてしまいました。
早めに顛末を待ってます。

No title

nonkaさん

了解いたしました。画像処理が終わったら(?)書かせていただきます。もう物欲ばかり先走ってしまって、機材負けしてますので、恥ずかしくて・・・(汗)。でもかなり(比較的?)お安く入手しましたよ。

No title

こもロハスさん ありがとうございます。楽しみにしています。
そう言えばYahooブログの天文学のジャンルはT-Fixさんの天文ガイド最優秀賞で盛り上がってますね。私もT-Fixさんの人柄には常々大変好感を持っているひとりとしてうれしくなってきます。お互い精進しましょう!!

No title

AXD使いの方が増えて、うれしいですね。
自宅の屋上に設置できるというのは、便利でいいですね。場合によっては数日組んだ状態で置けるかもしれません。AXDは庭に出すにしても体力勝負です。
昨夜は天気が良かったですね。職場の歓迎会のあと空を見たらここ数か月ぶりの夜空でした。今夜は風がなければ大丈夫かもしれません。

No title

たか坊さん

そちらは晴れですか。こちらは今夜あたりから天気が大崩れになりそうです。AXD。最初はとんでもなく重く感じましたが、持つコツも掴んできて慣れてきました。でも屋上から降ろすのはかなり勇気が必要になりそうですf^_^;)

No title

お、ついに大物を投入ですね。
雪が解けてはじめてAXD持ち出したときには閉口しました。去年はもっと軽かった気がするって(笑)
背筋力に頼るのではなく、まっすぐ膝の屈伸で持ち上げる感じにすると若干楽でしょうか。

いつもと違う時間の目覚ましは体が無視しますね。今朝は久々に釣りに出ようとしたら、結局いつもと同じ時間に目が覚めてしまいました(笑)

No title

かわうさん

最初は運んだあと、腕がプルプルしてましたが、いまはだいぶラクに持てるようになりました。安定感がSXPと段違いなので、多少の悪条件でもむしろ出す気力が湧くようです。これは意外でした。

こういうのを信頼できる機材って言うんですね。

いまもかなりの強風下。どれだけ900mmのガイドに耐えられるか検証中ですが、3枚に1枚は星が点に写ってるようです。

夏は屋外にも出してやる機会も結構ありそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!