FC2ブログ

記事一覧

新型「ツチノコ」。ベールを脱ぐ!!

以前から雑誌の広告などで、その存在が広告されていた、ビクセンの新型「ツチノコ」が、ついにベールを脱ぎました。
 

 
前玉にSD。後玉にEDレンズを採用した、5群5枚構成。ペンタックスの元祖「ツチノコ」。100SDUF のコンセプトを踏襲しつつも、デジタル撮像素子向けにリファインした・・・というのが、基本コンセプトでしょう。専用エクステンダーでF6として、眼視にも対応させる・・・というのは、自分の予想通りでした。しかし、驚いたのがレデューサーの存在です。併用すると屈折系としては前例のない、F3という超ハイスピード アストロカメラになるそうです。実効F値は、反射系のε180EDのF2.8を上回るでしょう。100SDUF時代から、レデューサーの登場が熱望されていたので、その声を反映させたカタチです。
 
エクステンダーをかましてもF6で、構成レンズ枚数が9枚にもなるので、眼視で使用しても明るさやコントラストは落ちてしまいますので、そんなに高い眼視性能は期待できないでしょう。もちろん眼視用にこの機種を選ぶ方はいないでしょうから、やはりほぼ完全な「写真専用」と思ってもいいと思います。ここらへんは、ライバルと目されるタカハシのFSQ106EDのと(単体で写真、眼視ともに高性能)は明確に違うところですね。それはヘリコイド仕様というところからも、これが「望遠鏡」ではなく「アストロカメラ」というのが分かります。
 
最近ビクセンさんは、次々とマニア向けの高品位モデルを発表しています。その姿勢は高く評価しますし、キチンと造られていれば、いまのビクセンの技術力なら、このアストロカメラも間違いなく素晴らしい物でしょう。
 
問題は品質管理。
 
スペック的にも販売価格はそれなりに高くなりそうですが、あまりコストパフォーマンスを過度に追及しなくてもいいので、キチンと調整された物を市場に出してほしいです。そうすればビクセンについている、ある意味不当なマイナスイメージが払しょくできると思います。
 
あ、あと個人的には、ビクセンには現行のED屈折シリーズ用の、高性能レデューサーが出てくれればいいなと思います。多少高価になってもいいので、せめてAPS-Cフォーマット全面でビシィィ・・・っとした点像を結ぶレデューサーを出せば、きっともっとマニアからも支持されるし、販売台数も多いと思うので、経営上もたくさんメリットがあると思うのですが、いかがでしょうか?
スポンサーサイト



コメント

No title

私も天文ガイドの広告で見ました。
鏡筒バンドやカメラアクセサリーを入れると60万円台後半ではと予想してます。サンニッパの新品で75万ぐらいなので、そのくらいはするのではという根拠の無い予想です。
収差や星像の点では、FSQ106ED+645QEと良い勝負だと思います。
ゴム式ヘリコイドにして重いカメラを取り付けてもバックヘビーにならない工夫がされていてバランスも取り易そうですね。

現行のED鏡についてはレデューサー無しでもAPS-Cサイズでも辛いです。フラットナーも出ていないですよね。
レデューサーも新しくして欲しいです。そのときは前面にフィルターネジぐらいは切って欲しいです。

No title

GENTAさん

60万円後半はさすがにキツいかな…それだったらみんなFSQに行ってしまう気が…f^_^;星祭りでいろいろお話を聞いたところ、いまはレンズの面精度を客観的に数値で評価できるようになったので、レンズ自体は特殊技術がない素人でも、根気さえあれば精度が高いのが磨けるそうです。だから数さえ出れば相当に安くはできるみたいですよ。自分はFSQとぶつけて、50万円後半かな…と思います。

現行EDシリーズ。色収差も球面収差もよく補正されていて高性能なんですが、写真用としてはレデューサーがショボいですよね。周辺はコマみたいな収差でまくりで。はじめてFS60CBに専用レデューサーをつけた画像見たときは感動してしまいました。それ以来タカハシです。ビクセンさん惜しい(>_<)

No title

最近デジタル対応の単焦点の明るい筒がどんどん出てきてますね。面白くなってきました。
ビクセンの筒の弱点の一つが接眼部だと常々思っているので、ヘリコイドの精度や強度がどうなのかってのも興味津々です。

No title

かわうさん

アイソン彗星に備えてというのもあるんでしょうね。タカハシのイプ130にビクセンのVSD100。面白いですね。

原村でビクセン版125SDPのヘリコイドをいじりましたが、ちょっとトルクが軽かったかな。もう少ししっとり感があれば言うこと無しですが、実用上は問題ないと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!