FC2ブログ

記事一覧

普通に日記

今更ですが・・・

先週の日曜日に自宅屋上にて。雲の合間をぬってちょこっとだけ観望しました。


                          TSA102N + MS3n 赤道儀

見ることが出来たのは火星と二重星団 「h+χ」のみ・・・

使ったアイピースはこの三本のみ



手持ちのアイピースを多少整理しました。ペンタックスのXW20mmと14mmをバーダーのMORPHEUS17.5mmに集約。テレビューEthos 6mmがあるのでニコンのNAV-7SWを手放すことにして、MORPHEUS17.5mmとEthos 6mmの間を、重くてあまり使わなかったニコンのNAV-12.5HW(専用コンバーターで10mmにも対応)で一気に埋めることにしました。高倍率側では三本もあった 5mmアイピースのうちの一本。XW 5mmを手放すことにしました(理由はまた別の機会に)。


                                                                ニコン NAV-12.5HW

やはりすごいアイピースです。二重星団を見ました。MORPEUS17.5mmも優れたアイピースですが、これに変えると倍率が高くなるのと視界が広がること以外の効果を感じます。

極めて感覚的ですが、

「星の息づかいを感じる」

とでも言いましょうか。これは変な理屈より実際に覗かないと説明がつきませんね。

この12.5mmは重いですが、アメリカンサイズのスリーブにも対応してるので、これから積極的に観望で使いたいです。


ペンタックス MS-3n 赤道儀

これも一時、「断捨離」の候補に挙がりましたが手放せませんでした。自動導入やオートガイドが一般的になる前のオーソドックスな部類の赤道儀ですが、とてもスタイリッシュで造り、塗装、操作性が本当にいいです。搭載重量がそんなにないので鏡筒を選びますが、この赤道儀に最適な鏡筒を選びたくなります。赤道儀に合わせた鏡筒を選ぶという基準もありだと思います。この赤道儀の自動導入やオートガイド改造等も出来るようですが、しばらくはこのオーソドックスな魅力を楽しみたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

No title

小海のフリマで、師匠の友達が1本お買い上げしたみたいよ。
師匠が行ったときはアイピースは売り切れ状態だったそうです。
XW14mmが欲しかったアイちゃんでした。

No title

> アイちゃんです!
コメントありがとうございます。なかなか返信もブログの更新も出来ません😓
XW5mmを買ってくださった方ですね。自分が準備中からお待ちくださってました。
その他の5本はお一人の方が大人買いしてくださいました。師匠。以前、原村でお会いしたときは暗闇の中でしたので気がつかなくて申し訳無かったとお伝えください。
星フェスの様子は今週中にでもブログでアップできたらと思ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!