FC2ブログ

記事一覧

双眼装置始動

原村星祭りで購入した

テレビュー・ビノビュー



ファーストライトで左右の光軸の平行が大幅にずれていたので、販売店に修理に出しました。しかし、かなり頑丈に造られているために調整しにくいこと。そして実際に星を見て調整させてほしいとのことで、入院以来一か月近くたっても戻ってきません。・・・まあ、天候も悪いので仕方ないのですが、「双眼装置」というものがかなりデリケートな機械だということは分かりました。戻ってきたらちゃんとしたケースに保管したいと思います。

・・・そこで、販売店のほうから提案があり、ピンチヒッターとしてこちらの「バーダープラネタリウム社製 マックスビノ」をお借りすることとなりました。



先日も書きましたが、中古品にはトラブルがつきものです。こういう時、きちんとした専門店から購入するとやはり安心です。

そして昨夜、ようやく双眼装置で星を見てみました。


鏡筒はFSQ85ED



アイピースは急仕立てした以下の二種類。

バーダー MORPHEUS 17.5mm
タカハシ Abbe 12.5mm

ピントが出るようにテレビューのパワーメイト2.5×を付けてるので、それぞれおよそ9mmと6mmくらいでしょうか。

あまり倍率が変わりません!!orz

9mm前後を揃えたいところです。

最初に火星を見ましたが、うまく見えません。左右の目をアイピースのアイポイントに置くのがけっこう難しいのと、自分の目は左右で度数がかなり違うのでピントが煩わしい・・・。

火星が二重に見えます・・・乱視状態

この時点では双眼装置の導入をちょっと後悔しました。

次に月を入れてみると、

「を!をっ!!」

面積のある月だと左右差があまり気になりません。視界の狭いタカハシAbbe12.5mmでも広角くらいに感じるほど視野が広がってる感じがします。これはなかなか面白いです。月面観望に双眼装置が面白い理由がなんとなく分かりました。次はTOA150でもう少し高倍率をかけて見てみたいです。

次に再び火星。気流が悪いのと倍率が足りないのと、火星自体が遠ざかってしまってあまり細かい模様は見えませんでしたが、月で目を慣らしたおかげかキチンと一つに見えました。自分はけっこう極端に右目が効き目なので、左目のピントがよくわからない。しかも左目はちょっとアスがある感じかもしれない(昨夜気づいた)のですが、両目で見るとあまり気にならなくなります。そしてやはり目が疲れにくい。

双眼装置。昨年の「天体望遠鏡オフ会」で初めて経験させていただきましたが、自分で使いこなすのはもう少し慣れが必要なようです。


スポンサーサイト



コメント

No title

双眼装置で対象物を一つに見るってちょっとコツがあるような気がします。
その日の目の疲労度によってどうしてもだめな時が私はあります。

No title

> th2546さん
こんにちは。
確かにそうですね。某オフ会は眼視派のエキスパートの方々ばかりで、多くの方がバーダーのMark-Vを使用してましたが、それなりにチューニング?してたのかな?双眼視はハマると本当に(金銭的に)やばそうなので、惑星、月観望専用にして、あまり深みにはまらないようにしたいと思います(汗)。いまのところ個人的に費用対効果は少なく感じます。これからの自分の使いこなしスキル?の修行で、どれだけ楽しめるかです。(笑)

No title

こんばんは、我が家の場合は望遠鏡用の接眼レンズが双眼用に作られてませんので、アイピ-スをクルクル回して、視軸が合う所を探しました。
その後、2代目の双眼装置は自分で改造しましたので、接眼部の固定ネジを緩め
て微調整してます。
ピッタリ合うととても気持ち良く宇宙空間に浸る事ができます。

No title

> hiroshihasさん
コメントありがとうございます。
アイピースを回して視軸を合わせる・・・そのような方法は聞いたことがあります。ビノビューが戻ってきたらやってみようと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!