FC2ブログ

記事一覧

あれから20年

ひょんなことから、昔の写真が出てきました。あれから20年が経ってしまいました。





ヘール・ボップ彗星
1997年3月30日の画像です。この彗星は1995年の夏ごろに眼視によって発見されました。軌道計算してみると、なんとまだ木星の軌道の外側。プロの彗星捜索サーベイが本格稼働する前に、この位置での眼視による発見は異例でした。実際の核の大きさも規格外だったようです。この彗星は太陽にも地球にもあまり近づかなかったにも関わらず(1天文単位程)、明るさはマイナス等級までいきました。もし(前後してしまいますが)百武第二彗星と同じ0.1天文単位ほどに近づいたとしたら、満月よりはるかに明るく、テイルも100度以上になったかも・・・と言われてる巨大彗星でした。この画像は夕空に見られた時期ですが、2月~3月初めは明け方に見えて、V字のテイルを上に向けてキラキラと輝いて昇ってきた様子はとても美しく、強く脳裏に焼き付いています。



前後しましたが、1996年3月に、文字通り「彗星のごとく」表れて、みるみる接近。夜空に大蛇のような長大なテイルをたなびかせて度肝を抜かれたのがこの「百武第二彗星」でした。山中の暗い空で一人で見上げてると、まるでこの彗星の巨大な核に「睨まれてる」錯覚におちいって恐怖すら覚えました。ちなみにこの画像は50mm標準レンズで撮影しています。いかに巨大だったかが分かるかと思います。

ミレニアムを迎えたこの時期。この二つの大彗星と、2001年には「獅子座流星雨」もあり、天文屋としては歴史的な現象の連続で、本当に幸せな時期でした。

ヘール・ボップ彗星の接近から、今年でもう20年経ちました。1976年の「ウエスト彗星」から「百武第二彗星」まで20年。すでに同じだけのブランクが開いてしまいました。2013年のアイソン彗星は悲劇的な結末を迎えてしまいましたし、そろそろ我々天文屋の渇きを癒す「大彗星」の出現を期待したいものです。
スポンサーサイト



コメント

No title

こもロハスさん、こんばんは。
懐かしいお写真ですね(*^◯^*)
私も3月9日に初代イプシロン130にて撮影しました。
イオン&ダストテイルが共に太くグレートコメットでしたね(*^◯^*)
アイソン彗星があんな事になっちゃって残念でしたが、近い将来 アイソンを上回る大彗星がきっと来てくれると思います。
是非今の使用機材で待ち構えたい物です。
楽しみですね(*^◯^*)

No title

確かに凄い彗星でしたね。西空低く輝く姿は忘れられません。
息子は卒業旅行で北海道からの帰路、機上から見たそうです。
あの頃は天文から少し遠のいていたので私は撮影していませんでした。今でも悔しいです。

No title

懐かしいですね。この辺りは大きな彗星が2年続けて来てくれたので、平日にもかかわらず晴れたら遠征してました。(特に3月だったので、春霞との戦いでした)
また大きな彗星来てくれないかな....

No title

> ひろたろうさん
こんにちは。
>イオン&ダストテイル
→ヘール・ボップ彗星ですね。3月初めのころ、地平線からV字のテイルを伴ってキラキラと昇ってくる姿がとても綺麗で忘れられません。当時は仕事に忙殺されていて寝坊してしまい、せめて見るだけでも・・・と思って車を飛ばし。あまりに美しかったのでPENTAX75SDHFで急きょ撮影したのですが、周りが明るくなってしまい現像する気が失せてしまったのですが、現像してみても良かったかな・・・と悔やんでます。
今度来る大彗星は、グレードアップした「130」で、ぜひ捉えてください。

No title

> mn3192さん
息子さんの卒業旅行とは。実は百武第二彗星が来たとき、自分もイタリアに卒業旅行に行っていて、ミラノでも夜空を見上げましたが見つからず。帰国してあまり期待せずに自宅から見ていたらあまりに核が大きく明るいので、近くの山中に車を飛ばして行きました。途中で警察に捕まり(夜中で怪しかった?)つつも現地に着いたところ、町中と全く違う姿で度肝を抜かれました。どちらの彗星もバタバタな時期でしたので、自分もじっくりと観測、撮影できませんでしたが、目にはしっかりと焼き付けました。そろそろ大彗星来てほしいですね。

No title

> のんたさん
彗星は本当にスリリングですよね。この二つの彗星のときはけっこうバタバタしていた時期ですので、じっくりと追跡できなかったのが少し悔やまれます。アイソン彗星のときは自分も平日でも晴れていれば出撃していましたが、本当に残念でした。
早く自分ら天文ファンの渇きを癒してくれる「大彗星」が来てくれるといいですね。

No title

初めて見たのがベネット彗星でウエスト彗星は見てないですけど、H・B彗星と百武彗星は凄かったですね(@@
もう20年ですか、懐かしいですぅ^^

一昨年写真展出すのにネガを引っ張り出したらそれ程変色してなかったので良かったわ。
宜しかったら見に来てくださいませ^^;
https://blogs.yahoo.co.jp/perseus_hx/13380353.html

No title

この両方の彗星も凄かったのですが、やっぱり2001年のしし座流星雨ですかね。
あれを見たか見てないか・・は天文屋にとって大きな違いですよ。
私は死ぬまであの日の光景を忘れない日が無いと思います。
こもさんは鬼押し出しだったようですが、私は片品でした。どちらも暗い空だから完璧な条件でしたね。

No title

こもロハスさん、こんにちは
ヘール・ボップ彗星は、夕暮れのまだ空の明るいうちに空高く見える凄い彗星でした。うちの息子の生まれた年なので、今年で20年とは改めて月日の流れる早さを感じます。僕も当時は天文から離れていましたが、急遽85ミリのカメラレンズを使って固定撮影したネガは残っています。ウェスト彗星もこれも凄く尾の長い綺麗な彗星で、高校の冬の頃明け方に見ました。この時もやっぱり天文から離れていて、写真は撮れませんでした。そろそろ別なのが出現するかもしれませんね。

No title

> クリちゃんさん
こんにちは。ベネット彗星。核がマイナス2等級になって黄金色に輝いてたとか。まだ生まれていませんでしたが、伝説は伝え聞いております。ウエスト彗星は雲湧いてきてしまったと思ったら、彗星の尾だったとか…。彗星は宇宙の不思議をまざまざと見せてくれる天体ですよね。
リンク。後ほど見させていただきます。

No title

> モカのパパさん
こんにちは。2001年の獅子流星雨。これぞ「スペクタクル」。花火大会なんか比ではないくらいでしたね。友人と流星観測よろしくカウントしましたが、5分で100個超えたのでカウントを諦めました。明け方に明るくなっても勢いは衰えず、浅間山に雨あられのように降り注ぐ火球の大群は脳裏に焼き付いてます。流星雨は確率的に一生に一度見られるかどうか…なので非常に印象深く、幸運に感謝しました。
流星雨は彗星の落とし子。この二つは本当に魅力的ですね。

No title

> n_2*****さん
こんにちは。息子さん今年で二十歳なんですね。おめでとうございます。
自分の画像を見ていただくと分かると思いますが、若干光害が残るところで撮影しました。しかし二本のテイルもしっかり見える明るさでした。近くで見ていたカップルが、「でっけえ~」と叫んでいたのが印象的でした。
ウエスト彗星をご覧になったのは、羨ましいです。ベール.ポップ彗星も百武彗星もダストテイルだけはちょっと期待はずれでしので、ウエスト彗星やマックノート彗星のようなダストテイルが発達した流麗な大彗星も見てみたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!