FC2ブログ

記事一覧

※再追記あり※「RPLアイピース」ようやく発売(予定?)。

昨年の原村星祭りで、個人的に一番注目していた、「RPL(リアル・プローセル)」アイピースの発売の目途がどうやら立った模様で、スタークラウドさんのHPに販売予告?が載ってます。
 
 

 
原村星祭りでのレポートはこちら。
 
たった4枚のレンズ構成で、広角アイピースの範疇に入る62度の見かけ視野を確保し。視野周辺まで完全に歪曲のない。いままでにない、ユニークな高性能アイピースです。星祭りでは製造元を探してる・・・とのことでしたが、ようやく台湾で製造元が確保できたようです。
 
予約したいところですが、いまは無駄遣いできない状況ですので。しばらくはお預けですが。中~長焦点のみのラインナップなので特に高性能バローレンズをお持ちの方は、鏡筒のF値に合わせて2本ほど購入されるといいかと思います(逆に、テレセントリック系高性能バローの使用を前提にした割り切ったラインナップとも言えます)。

※2017.6.6追記※
これは書き込もうか迷ったのですが…。「RPLアイピース」で検索すると、トップにこのブログ記事がくるので責任を感じますので「情報」として書き込みます。これは自分の感想ではなく、実際にRPLアイピースを「星見」に使用した方からの情報であることを事前に断っておきます。一つの情報として参考程度にお聞きください。
RPL25mmを使用した方から、「実視野の70%あたりからアス(非点収差)がある。」とのことでした。
自分はこのアイピースの試作品で、地上の風景しか見ていません。その際の中心解像度とヌケ。視野全体の歪曲収差の少なさは非常に優秀と感じましたが、非点収差までは地上風景からは判断できなかったようです。天文用アイピースは実際に「星」を見ないと判断が難しいものです。

※2017.6.14再追記※
RPLアイピースをフルセットで購入された方から情報をいただきました。その方が所有されるタカハシFS78、テレビューTV101、シュワルツ120F8、BORG45ED、アストロの76mm古いアクロ他屈折と反射系ではタカハシMT100とアストロ100mmF1O。カタディオプトリック系ではセレストロンC5に装着して入念に検証した結果、非点収差に起因すると思われる像の崩れはなかったようです。ただ周辺像に星像の「にじみ」みたいなものがあった・・・とのことです。これは自分が確認してみないといけないかもしれませんので、販売店か星まつりなど、機会があったら実際に覗いて再評価したいと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!