FC2ブログ

記事一覧

マクストフ・ニュートンって、すごいのね。

このところ、一身上の都合(?!)で。なかなか星のために時間をつくることが出来ません。また、その一身上の都合により、物欲も抑制できてます(笑)。まあ、それでも時間があるときには、天文関係のネタをネットサーフィンしたり、知り合いのブログやFaceBookの知り合いの投稿などに茶々いれたりしておりますが・・・(申し訳ありません。)
 
そんな、こんなでちょっと気づいたのですが。
 

 
「マクストフ・ニュートン」望遠鏡のユーザーが、ここ5~6年の間に、急激に増えてきたように感じてます。というのも、東京に住んでいた5年ほど前に。自宅のアパートからの簡単な観望で使える眼視用望遠鏡を探していました。結局、その時は中古のTSA120に巡り合ったので、マクストフ・ニュートン望遠鏡を購入するには至らなかったのですが、ネットでこの光学系の情報を得ようとしても実際に使用してる方の書いた、日本語の「まとも」なインプレッションは一個くらいしかなくて、購入を躊躇してしまいました。しかし最近ではFaceBook上で知り合った方が15㎝モデルを常用されて、素晴らしい惑星画像を発表されたり。ネット上でのインプレッションや評価も急激に増えてきました。一般的な評価としては・・・
 
「非常に高い眼視性能」
「コントラストが高く。まるで屈折式のよう。」
 
このように。とかく眼視性能の高さと、反射式らしからぬコントラストの高さ(中には屈折以上との評価も・・・??)で、「アポ・キラー」とか、「プアマンズTOA」なる俗称もあったりします。しかしながら・・・
 
 
アストロアーツのHPに掲載されてる、これらの画像を見ると。写真性能も侮れないようです。それを裏付けるかのように・・・
 
 
こちらのHPでは、「(口径)15~20㎝の領域で、コストパフォーマンスでマクニュートン(マクストフ・ニュートン)に勝るものは無い。」と言い切っておられます。
 
自分は未だに「マクストフ・ニュートン」を。覗くことはおろか、見たことさえもありませんが。上記HPなどを拝見しても、今後、短焦点モデルなども登場したとすれば人気が上がるのではないでしょうか。ただ、個人的には現在の、笠井の「ALTER」シリーズのように、ガチガチの眼視性能にこだわったモデルにも、今後脚光が当たればいいと思いますが。
 
スポンサーサイト



コメント

No title

「マクストフ・ニュートン」....あまり気にもしていなかったのですが、写真鏡としても眼視でも使えそうですね。心に留めておきます。

No title

> のんたさん
マクニューは、ほぼ眼視用に特化した仕様しか現時点では発売されてませんからでしょうね。でも、斜鏡を大きめにして撮影用に降った設計は、なんかタカハシが昔試みた…という話を聞いたことがあります。その際、補正版による結露と、筒内気流の問題で、解放型のイプシロンになったということですが…。でも、素性がいいのは確かなようですね。

No title

迷える観望人です。
マクニューいいですよね。以前、購入対象として悩んだ事がございます。その際、K社K社長からは、マクニューよりもマクカセを薦められました。星像のシャープさは、アポ屈折に近いそうです。APM社もマクカセですが、屈折よりも1インチ落として同等のイメージと薦められた事がございます。ただF値が10と長めだったので、低倍率も欲しかったのでF8ACF12の購入した経緯が御座いますが、マクストフ系はとても興味が御座います。

No title

アストロアーツの撮影例もなかなかよさそうですね。私もまだ周りで見たことはないですが、来年の原村星祭りでだれか展示していただけるといいですね。

No title

> tom*k*n282*0*さん
こんにちは。マクニューとマクカセは、ちょっと毛色が違う望遠鏡なので、K社長がマクカセを薦めたのはどのような理由なんでしょうか。個人的にはコンパクト性以外は、眼視ではマクニューのほうが優れてるし、低倍率も得やすいし。中央遮蔽率も低いので、マクニューのほうがメリットが多いと思います。反射系の諸悪の根源は、副鏡などの中央遮蔽だと自分は経験上感じてます。

No title

> 網囲碁さん
そういえば、原村でも不思議とマクニューは見かけないですね。屈折望遠鏡と大口径ドブがメインな感じがします。マクニューで木星なんか見てみたいものです。

No title

> こもロハスさん

仰る通りだと私も思います。
K社長のお話は、星像のシャープさとメンテナンスの部分でお薦めになられました。
私も低倍率が得やすいことと中央遮蔽率が少ないマクニューを希望したのですが、メンテナンスが慣れていないと難しい等のアドバイスを頂きました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!