FC2ブログ

記事一覧

経緯台について

最近は、すっかり眼視観望に興味が移ってきてしまいました。普段の生活が忙しくなってきまして、なかな遠征に行けない。行っても晴れない。そんなときは、平日でもちょっと晴れたら、気軽~に星を見たい。そんなスタイルが最近の興味です・・・というか、自分の天文趣味の原点回帰のような感じもありますが・・・
 
そんなわけで、気軽に星が見れる装備を考えていました。ペンタックスMS3N赤道義とTSA102Nの組み合わせは、軽量でかなりお気に入りで、稼働率も高いのですが、やはり赤道義という性格上、ある程度時間も精神的余裕もあるときに出すべきものです。そこでTSA102Nを主力として使える経緯台・・・というわけですが。
 

                            
                           ビクセン ポルタ経緯台
 

                         
                          U-HAN  T-MOUNT経緯台
 
自分が現在所有してる経緯台は上記2機種なのです。ポルタはTSA102Nを搭載すると、軸に負担がかかりすぎてゴリゴリ異音がします。これはすぐに壊れそうなので運用できません。またT-MOUNT経緯台は、C11を載せてもビクともしない強度がありますが、本体重量が7Kgほどあり三脚を含めると10Kgを超えるので、「気軽」というわけにはいきません。できれば三脚を含めて5Kgくらいに抑えるのが理想です。
 
そこで、他の経緯台を検討したのですが・・・


 
こちらはテレビューの経緯台。おそらくブログで取り上げられるのは、本邦初ではないでしょうか。「テレビュー経緯台」の上位機種になる「HD4/HD5経緯台」です。ZIZCOさんから、「今月末の発表になる。」と言われてましたが、今日、HPに掲載されてました。HD4がテレビューNP101is。HD5がテレビューNP127is用になります。
 
テレビューの経緯台は、自分も使わせてもらったことがありますが。フリーストップの操作感がすごくよいのですが、そのぶんバランスには本当にシビアです。ZIZCOさんではテレビュー望遠鏡専用とは謳ってませんが、ほぼ専用。その証拠に同じような形の経緯台を、望遠鏡のグレードに合わせて何台も出してきています。両持ちフォークの形で、完全なフリーストップにするのは、左右の軸の幅や鏡筒重心の位置決めなどの制約が多くなるので、仕方がないのかもしれません。
 
・・・・ということで、お値段も高いし汎用性も低いので、テレビューの経緯台はパスです。この操作感と木製三脚はすごく魅力的だったのですが・・・
 

                       スイスAOK製 AYO markⅡ経緯台
 

                           ビクセン APZ経緯台
 
そうなると、このようなT字型の経緯台になります。軸に直付けするので自然に鏡筒重心が一致するので、汎用性もあります。この構造は海外ではよく用いられてます。ただ欠点は左右のバランスが悪くなるので鏡筒重量が重くなると、逆側にカウンターウェイトが必要になることです。笠井トレーディングからいくつかの種類が出てますが、意外にTSA102Nに合うちょうど良い大きさが無いです(大きく重すぎるか、小さく軽すぎるか)。唯一。国産のビクセンの新型。APZ経緯台とAPP-TL三脚の組み合わせが、軽いし微動も付いてるし。良さそうかと思ったのですが、ヨドバシカメラで実機にビクセンED103Sを載せたところ、意外に揺れます。これではちょっと満足できないな・・・と思い、ちょっとお高いですが、強度と操作感に定評があるAOK経緯台を購入しました(三脚は手持ちのが使える)。TSA102Nならカウンターウェイトも必要なさそうなので、そこそこ軽量にもなります。明日、納品されてくる予定です。
 
経緯台の選定にかなり悩んでしまいました。というのも、経緯台は赤道義より格段に選択肢が少ないので、意外に用途に合った製品が無いからです。こちらであげた意外にも、いくつもの機材を検討しましたが・・・。10Kgくらいまで搭載できて、軽量で。微動が出来て汎用性がある・・・そんな経緯台が出れば、売れると思うんですが・・・
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは
経緯台いいですね。
特にフリーストップ+微動で使えるものが高倍率でもいいですね。
自分もT-Mount、とポルタに落ち着きました。
AOK経緯台インプレ楽しみにしています。
余計なことですが
テレスコ工作工房 / タカハシTG-L コンパクト強化型経緯台もよさそうですね。

No title

> よっし~さん
そうなんです!TG-Lコンパクト経緯台も問い合わせたのですが、もう製作する予定が無いとのことです。これがあれば、まさに理想だったのですが・・・(涙)

No title

こんばんは。
しっかりしたものが欲しいけど、手軽に扱えてポータブルで・・というものは少ないですね。したがって私は大型のカメラ三脚に鏡筒を載せて、観望会用に使っています。軽くて扱いやすいのがあったら教えてください。

No title

こんばんは。
手軽な眼視観望は経緯台にかぎりますよね。わたしもポルタにSky90を載せてベランダ観望したりしてます。
また、手軽ではないですがTOA150も経緯台で観望出来たら多少は手軽になっていいのではとも思います。ですが、なかなか見合う経緯台が無いですね~。ユーハンのT-MOUNT経緯台ならどうかなと思いましたが、TOA150を載せられた事はございますでしょうか?

No title

> mn3192さん
そうですよね。以前、笠井から出てたGR3あたりがいいかな…と思ったのですが、メーカー側でもディスコンでした。AYO経緯台も、軽いカメラ三脚と使うと、軽快になるもしれませんね。しばらくは、ビクセンのHAL130に載せる予定です。

No title

> ちーすけさん

コメントありがとうございます。自分もT-MOUNT経緯台にTOA150が載るか、ユーハンに聞いてみましたが、オススメしない…とのことでした。やるとしたら、カウンターウェイトを付けて、鏡筒を水平にして取り付けられるプレートの使用を推奨されましたが、怖いので挑戦できません。(^^;;

No title

でも••やっぱり赤道儀だと思います。双眼鏡や大口径でしょうがない場合を除いて••。

No title

> ari*eoj*さん
コメントありがとうございます。一つの対象をじっくり見る場合は、赤道義がいいですよね。でもコンパクトな短焦点アポ屈折と上質な経緯台の組み合わせは、「ちょい見」だけではなくて、大型双眼鏡やドブソニアンとは違った楽しみ方があるんですよ。また機会がありましたら詳しく書きますね。

No title

同じ10㎝クラスのED103S鏡筒だとポルタ経緯台でもかろうじて運用できます。
タカハシの鏡筒はがっしりしている分重いんでしょうね。
GPに対するGP-Dみたいに、耐荷重を強化したポルタDみたいなのが欲しいところですが、そうするとAPZ経緯台とバッティングしちゃいますね。

No title

> ようかんさん
ポルタでED103Sも、少々キツそうですが…(^^;;
経緯台。意外に設計が難しいようです。ある鏡筒の専用品なら強度も使い勝手も比較的ラクに出せますが。汎用性を持たせようと、片持ちフォークとか、T字型のようにアンバランスな形に成らざるをえず、そうすると強度を上げるために大きく、重くなります。ポルタとT-MOUNT経緯台の中間あたりの経緯台って、意外に選択肢がありません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!