FC2ブログ

記事一覧

国内メーカーから、新型「広角アイピース」が相次いで発売。

この夏。国内メーカー二社(一社はメーカーなのかな?)から、新型「広角アイピース」が発売されます。されました。
 

 
まずビクセンから「SSVシリーズ」。今年の「CP+」にも参考出品されてたようですが、明日、発売されます。


 
すべてアメリカンサイズで、価格はどの焦点距離も\36,000(税抜)。第一印象は「コンパクトでコストパフォーマンスが高い」。またレンズ構成も全て4群7枚と、広角アイピースにしてはレンズ枚数も少なく。良質なコーティングも相まって、高い「ヌケ」とコントラストも期待できます。その分、アイレリーフは13mmと短く。メガネをかけての使用は無理そうです。多くの80度オーバーの「超」広角アイピースは、アイレリーフが15mm以下で。事実上、メガネをはずさないと全視野を見渡せないので、見やすさを捨てて、軽さ。視界。ヌケ。コントラスト。コストパフォーマンスを取ったのは賢明な選択だと思います。
 
つぎは
 

 
「Cosmic Blue 20mm」
 
「北軽井沢観測所」というところで製作されて、スタークラウドさんで販売されてる。見かけ視界70度の広角アイピースです。
 
驚くのがそのレンズ枚数。「2群4枚」は、広角アイピースとしては異例のレンズ枚数の少なさです。こんなに少ないレンズ枚数で、収差補正はどうなのか・・・
 


 
やはりこのレンズ枚数では、完璧な収差補正は難しいらしく。かなりの「ディストーション(歪曲収差)」が残ってようです。ただ。同じく北軽井沢観測所が製作販売している「Lavendura」アイピースシリーズは、とてもヌケが良く。明るい像がとても印象的な「尖った」アイピースだったので、このアイピースにもかなり期待しています。
 
明後日から「原村星祭り」が開催されます。おそらく、この二つの広角アイピースは会場に持ち込まれて販売されるでしょう。じっくり性能をこの目で確かめて。魅力的な「星祭り価格」で提供されてたら、一本くらい買ってしまいそうです(笑)。
スポンサーサイト



コメント

No title

『Lavendura』は、プロトタイプを持ってたりします(^^)v
視野角いと倍率以外は、文句の付けようが無いくらい良いアイピースだと思います。
タイル模様覗いても、湾曲がほとんど無いし、プロトタイプでノンコートレンズのハズなのに、スゴくクリアに見える不思議なアイピースですよね~。
マルチに性能上げると、豪華絢爛綾錦でお値段がアホになるから、どこか犠牲にしてでも尖った性能を発揮する方がアイちゃんは好みだな~。

No title

> アイちゃん

そういえば、アイちゃんの記事読んだ覚えあります。自分は実際には星ではなく、景色しか見てないのですが、まるでレンズを通してないような透明感の見え方は感心しました。

今回の一連の広角アイピースの中でも、自分も「Cosmic Blue」が一番気になります。

そういえば、アイちゃん。今年は原村に来るんですか?

No title

多分、今年はパスです。
でも直前に拉致されるかも(*^^*)

No title

> アイちゃん

あら~。残念!

師匠!拉致してください!( ̄▽ ̄)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!