FC2ブログ

記事一覧

タカハシTSA102はどこへ・・・③

前回。このテーマで投稿してから、すでに一か月半がたっていました。

前回記事「タカハシTSA102はどこへ・・・②
 
その間に健康診断を受け、「緑内障の疑いがある。」と告げられました。来月末に精密検査ですが、緑内障は失明につながる可能性のある病気・・・ということで、いささかショックを受けました。今まで視力は弱いものの、失明を意識したことが無かったのですが・・・。星を趣味にしてる者にとって、「視力」は何にも替えがたい物です。視力が無くなれば、星も撮影された美しい天体画像も見ることは出来なくなります。ただ、まだ緑内障の「疑い」の段階であり、かりに発症していたとそても極初期になるので、適切な治療で進行は遅らせることが出来ます。希望を捨てずにいたいと思います。
 
そこで、もし緑内障が発症していたとしたら、撮影はあまりせずに「眼視」に切り替えようと考えています。目が見えてるうちに、この目で美しい宇宙の「生の造形」を目に焼き付けたいと思うからです。撮影された画像は、自分より上手に撮影や処理をされる方はたくさんいますし、そちらを観賞させてもらえればいいと考えています。

・・・とまあ、前置きが長くなってしまいましたが。そんな理由もあって、「手軽に良く見える望遠鏡」に対する物欲が増してきてしまいました。手持ちの望遠鏡(TOA150、FSQ106ED、FSQ85ED、FS60CB、C8N)。いずれも優秀な望遠鏡ですが、、「手軽に良く見える望遠鏡」・・・という条件から言うと、帯に短し、襷に長し。大きさや重さ。口径の大小。観望時の使い勝手などに、いずれも一長一短があります。まあ贅沢ではありますが。そこで、現代の「スタンダード」な天体望遠鏡として位置づけられる「10㎝(4インチ)アポクロマート」が頭に浮かびました。FSQ106EDがあるのになぜ・・・と思われるかもしれませんが、眼視用に使うにはドローチューブストロークが短すぎて(約3㎝)、手持ちのアイピース全てでピントを出すには「リング地獄」に陥るという根本的欠点があります。まあ、撮影用に設計されてるので仕方ないですが。緑内障が発症してるとしたら、ドブソニアンとの買い替えも考えています。勿体ないですが。

新品を購入するほど余裕が無いので、中古市場を隈なく調べたところ。運よくビクセンED103S。同じくED115S。生産終了してるED100Sf(これは星基地にありました)。そしてTSA102Nの中古が出ていました。また「手軽」という観点から、さらに小型で軽い「FC100DF」の新品も候補に挙がりましたが、いつもお世話になってるAKBの星基地さんでも、現在はあまり値引きが出来ないとのことで、TSA102Nの中古より高くついてしまうので、諦めました。星基地さんで、その他の機種を実際に手で持ってハンドリングを確認。TOA150の付加光学系が共用できることも決めてになり、TSA102Nの中古を購入いたしました。


 
先日、梅雨の晴れ間にファーストライトを行いました。焦点内外像をデネブで確認したところ、ほぼ完璧。以前、所有していたTSA120よりいいようで、当たりの鏡筒のようです。アンタレスの伴星もかろうじて確認できました。現在、10㎝でこれが見えるのは、かなり優秀な証です。当夜はシーイングも比較的良かったので、土星も良く見えました。TOA150より明るさは落ちますが、しっかりとA~C環の至るグラデーションが美しく確認できます。コントラストもいいようです。販売店でビクセンの鏡筒バンドとアリガタプレートをアッセンブリしてくれていて、軽量であるとともにハンドリングもすごぶるいいです。TSA120は持ち運びに両手で「おそる・・・おそる・・・」という感じがありましたが、102は余裕で片手で持ち運べます。
 

 
ペンタックスMS3N赤道義でも運用が可能な感じです。片手で持てる赤道義なので、稼働率が上がりそうです。
 
さて。このTSA102ですが。星基地の方にお聞きしたところ、国内では販売終了の方向だそうです。そのことも購入に踏み切らせた理由でした。やはりFC100D人気に押されてしまったようです。海外ではTSA102のほうが出荷量が多いようですが。日本で10㎝アポ屈折に求められるのは、もはや「性能」よりも「手軽さ」のようです。かつて8㎝(3インチ)級に求められてきた要素ですね。ただ実際にTSA102を覗いてみて、その素晴らしい星像に感嘆いたしました。中心像があまりにシャープなので、周辺のコマ収差がけっこう目立ちます。でもここはTOA150用にフラットナーが共用できるので、問題は解決できます。実際に軽いと言われてるビクセンED103Sと、手で持って重さを比較しても、そんなに変わりありません。それはTSAがファインダー(7×50)込みの重量を公表してるのに対して、ビクセンED103Sは、ファインダーなどを省いた本体のみの重量を公表してるからです。
 
このたいへん優れた天体望遠鏡が、もうすぐ市場から消えてしまうのは、たいへん残念です。

 

 
スポンサーサイト



コメント

No title

緑内障疑いですか。
どうか疑いで済むことをお祈りしております。

ところで「TSA102N」ゲットおめでとうございます!(^^
私などにはとても手を出せないシロモノですが、これをお手軽に使いこなされるって、本当に贅沢な楽しみ方ですね。

目の保養になって緑内障の疑いも解消されますように。(^^

No title

お早うございます。
心配が杞憂に終わることを祈ってます。
TSA102、なかなかの筒ですよね。仲間が増えて嬉しいです。
先日一歳になった孫のために、この筒だけは手放さないでおこうと考えています。まだまだ先のことですけどね。

No title

> kameさん
こんにちは。コメントありがとうございます。そうですね。けっこうショックでした。時々目がかすんで見えない感覚があるのはもしかして・・・という感じです。本当に目は大事にしたいものです。仕事も「目」命の仕事ですので。

No title

> mn3192さん
コメントありがとうございます。でも、自分の天文趣味の方向性が定まるし、ムダな散財もしなくなる良い機会になるかもしれません。TSA102はいい望遠鏡です。大きすぎず小さすぎず。自宅からの観望では、コンスタントに良い星像を結んでくれます。一番、稼働率が上がりそうです。お孫さんが大きくなるころには、いったいどんな望遠鏡が出てるんでしょうか。タカハシの望遠鏡は、数十年たっても現役・・・というパターンはよくありますので、お孫さんが天文に興味を持たれましたら、きっと喜びますね。

No title

視力は大事ですからね。これ以上緑内障が進行しないといいですね。
機材(望遠鏡)はこのクラスはおそらくどの機種もそれほど大きな差はないと思うのでこれ以上投資するのもどうかと思います。今ある機材で頑張ってみては?

No title

> ari*eoj*さん
コメントありがとうございます。はは・・・痛いとこつかれました。はっきり言ってしまうと、星より機材のほうが好きです(汗)。大きな差はないのですが、小さな差(スペックや見え方)がとても魅力的なんですよ。ほんと。暇なときは機材のテストリポート読んでますし(星を見るより圧倒的に多くの時間割いてます)。本当、病気だと思ってます。ただこの病気。自分はまだ「中程度」だと思います。人によっては数十本も鏡筒を所有されてる方を、数人知ってますので(笑)。

No title

こんばんは。また、こちらでははじめまして。
目は何をするにも本当に大切ですよね。大事無い事をお祈りいたします。
TSA102、これもまた一生モノの良い鏡筒を手に入れられましたね。おめでとうございます。また、販売終了とはとても驚きました。タカハシ屈折の中核的機種と思ってましたので、とても残念です。ゲットされたのは大正解でしょう。

No title

> alpscobさん
はじめまして。コメントありがとうございます。二年ぶりの人間ドックでショックでしたが、逆に早期発見できてよかったと思うようにしたいです。このTSA102。前オーナーが7年前に入手されて、ほとんど死蔵されていた物のようで、レンズも本体もまったくキズ無し。球面収差もほとんど無い「当たり」の筒でした。眼視用に基本設計されたオーソドックスな望遠鏡の使い勝手は(特に、同じ10㎝級のFSQ106EDと比較して。)すごぶるいいので、自宅での星見が飛躍的に増えそうです。大事にしたいと思います。

No title

こんばんは はじめまして
緑内障疑いご心配ですね。私は、30歳頃から痛風となり発作も今まで3回発症しました。一生の病気ですが、医師の指示に従い、上手に付き合っています。こもロハスさんもお体を大切にされて、いつまでも素晴らしい星空を楽しんで下さい。

No title

お久しぶりです。
実は私、緑内障の手術をして24日に退院したばかりです。
自覚症状があっても日常生活にほとんど影響しないので気がつけば症状がかなり進んでいたというのが緑内障の怖いところです。
精密検査では眼圧測定や視野検査が行われるかと思いますが、仮に緑内障であっても、極初期で点眼だけで食い止められる症状であるように祈っています。星空をいつまでも楽しめるように・・・

No title

> kokomaruさん
こちらでははじめまして。健康には自信があったのですが40代を迎えると、いろいろと不具合が出てくるようです(>_<)。ただこれを機会に、あれこれとフラフラしていた天文趣味も、方向性が定まると思えば良かったかも…(^^;;

お互い身体には気をつけて、末長く星空を楽しみましょう。今後ともよろしくお願いします。

No title

> フィガロさん
メッセージありがとうございます。フィガロさんの緑内障はどの程度で、どのような手術をされたのでしょうか?
現在、眼底検査にて疑いが晴れないため、来月末に視野検査をやります。ドクターがおっしゃるには、たとえ症状が出ていたとしても極初期なので、あまり心配しないようには言われていますが。来月末の検査までは、やはり不安は拭いきれません。(>_<)

でも、人間ドックを受けておいて、よかったとも言えますので、前向きに考えたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!