FC2ブログ

記事一覧

ニュートン式反射望遠鏡挑戦記④

しばらくぶりの「ニュートン」シリーズ。
 
接眼部の不具合をチェックしてから、接眼部の交換を検討していました。様々な別売り接眼部を検討した結果。「笠井トレーディング」から出ている「GS2インチ・マイクロフォーカス接眼部」を選びました。
 

 
さっそく取り付けようとしたのですが、ボルト穴がギリギリ合わなかったため、金物ヤスリで穴を楕円に広げました。
 

 
作業前に、光学系に影響が無いように主鏡と斜鏡を取り外しました。これで、光軸調整を全くの最初からやり直しです。主鏡セルは金属製でけっこうズッシリ。この「C8N」は、激安でケンコーのSE200Nと同じと聞いていたのですが、トップリングも金属製ですし、鏡筒の真円もそこそこ出ていて想像以上に良い出来です。ケンコーや様々な販売店から、いわゆる「激安ニュートン」や「激安ドブソニアン」がリリースされてすでに10年ほど経っています。そのほとんどが中国の「SYNTA」社からのOEM供給かと思いますが、この10年の間に大量に生産してるうちに、この安価なニュートン反射も細部が見直されたのでしょう。安い割には要所はしっかりと押さえてる造りです。いや。大変お買い得だと思います。ただ・・・スパイダーがグニャグニャなのは、もう少しなんとかならないかな・・・。光軸調整を追い込む際に微妙な調整が難しくて・・・
 

さて。接眼部を換装いたしました。このクレイフォード接眼部は、簡素な構造で非常にスムーズで使いやすそうです。接眼部を換装しただけで、鏡筒が少しグレードアップした感じになります。「使うぞ!」という気にさせてくれます。
 
しかし、その後の光軸調整は難儀しました。斜鏡 → 主鏡 →  斜鏡 →  主鏡・・・・と何度往復したでしょうか。接眼部換装作業が一時間。光軸調整に二時間かかりました(汗)

さて!いよいよ惑星観望やイメージングに活用・・・!ってときに、梅雨入りしちゃいました・・・Orz
 
新生C8Nのファーストライトはいつになるのでしょうか・・・
 
スポンサーサイト



コメント

No title

をを!
鮮やかに換装完了ですね!!
なにやらC8-Nにちょっぴりエレガントな高級感が漂う感じです。(^^

光軸調整も終了されたようで、あとは天気だけですが、、、
ホント梅雨ってこの趣味の人間には、色々と泣かされますね。(^^;

ファーストライト、楽しみにお待ちしております。(^^

No title

光軸調整に2時間なら早いほうですね。
私なんか、結局10日間くらい掛かったような。(汗)

もっとも、一度合わせるべき方法を理解すると、多分今なら
主鏡外して、洗浄したとしても、10分くらいで光軸合わせられる気分ですが。
っていうか、そのくらい、私はGINJI150FNの光軸調整に明け暮れてました。(笑)
私は、惑星はどちらかと言えば撮影派ですが、撮影前後には必ず
観望もします。
木星のシーズンは終わりましたが、今は土星が旬ですが、中々晴れないですかね(汗)

No title

> kameさん
こんにちは。望遠鏡の操作する部分って、接眼部くらいしかないですから。ここがスムーズだと、使ってて気分が良いものです。あまり性能には関係ないかもしれませんが趣味としては、自分としてはけっこう大事ですかね。

換装後のファーストライトは昨夜済ませました。またご報告いたします。

No title

> 天文中年さん
光軸調整を10分ですか!それは早いと思います。斜鏡の位置決めはだいぶ慣れましたが、主鏡の傾きがなかなか。少し動かしただけではあまり変化が無いので、けっこう大変でした。でも主鏡の位置は一旦合わせれば、その後は簡単かもですね。

昨夜、換装後のファーストライトを済ましましたが、この望遠鏡。いいですね!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!