FC2ブログ

記事一覧

「FSQ85ED」・・・所見

3月に入りました!!ここ長野もだいぶ暖かくなってきました。
 
12月から天文を「冬眠」してスキーにハマっていましたが、先々週末の野沢温泉で一応のシーズン終了・・・というか、忙しくなってきたので行けなくなってきたのですが・・・(|||_|||)
 
しかし、こんな画像を見ると、また滑りに行きたくなってしまいますね~
 
 
今シーズン。コブ斜面だけは悔いが残っています。野沢温泉ではコブ斜面の滑りを仲間が録画してくれたので、機会があったら掲載いたします。

さて。題目の件。1月の記事で「チョイ出し」しておきましたが、こやつを購入してしましました。
 

 
はい。タカハシの「Baby-Q」こと、FSQ85EDです。
 
昨年11月にスキーで腰痛を発生。撮影システムの軽量化を図りたい衝動に駆られました。FSQ106EDを安定運用するのは、AXD赤道義が必要です。FSQ106EDに不満があったわけではないのですが、出来ればSXP赤道義で安定運用できると、グン・・・!っと負担が減ります。あと、時を同じくしてタカハシから「FSQ130ED」発売のアナウンス・・・。さすがにこっちを購入することは無理だったんですが、ここでいつもの悪い癖で物欲が発症・・・。かねてから、最近流行りの「ツインシステム」への発展性も考えていたので、ポチってしまいました。まあ、独身貴族の悲しい性・・・と思って笑ってくだされば・・・(;^_^A
 
まだファーストライトは済ませていませんが、全体の所見について。
 

 
縮みます。K-ASTEC製のバンドのせいで遮られてますが、フードはもっと縮みます。
 
このBaby-Q。106を叩き台にして、様々な部分でコストを下げる工夫が図られてます。
 

対物レンズを前面からのぞくと、3カ所に「錫箔」が見えます。106のほうは、この前群の二枚のレンズが、大きな間隔の空く「完全分離」式になっていました。それによって、対物セルの複雑化と、光軸調整機構が必要になってます。85は「錫箔分離型」にすることにより、対物セルの大幅な簡素化が図られています。
 

 
鏡筒を前後で繋ぐ「ジョイント」構造にしています。このジョイント部分に後群レンズ群が組み込まれてます。106では第3レンズを対物レンズ側にかなり接近させて、第4レンズとかなり離していましたが、85のほうでは二枚をかなり接近させて、本来の「ペッツバール」型に近づけてます。本来、ペッツバールは公差に鈍感なので、そのような構造にすることで、この部分も光軸調整機能が省かれて、このような単純かつコンパクトになる構造が可能になったと思われます。なお、このよな「ジョイント」構造を初めて採用したのは、かのペンタックスの名機。「75SDHF」です。
 

合焦機構。及び接眼部です。106では、スライドガイドを小型ベアリングで支持する、贅沢な機構が採用され、さらに接眼部自体がレボルビングする構造になってました。85 のほうは一般的なデルリン三点支持のラック&ピニオン機構が採用されているようです。もちろん撮影を意識してるので、タカハシの標準機よりガッチリとした構造で、接眼部自体も肉厚に作られています。減速微動装置付です。
 

 
ドロチューブのストロークは106より長く。様々な接眼アクセサリーに対応できそうです。この点は眼視も楽しみたい自分には嬉しいですね。ただ、ドロチューブのクリアランスはかなりタイトです。減速微動装置を動かすときにちょうど良いように。また重いカメラを着けても動かない程度の硬さに調整されてるようで、そういう意味ではやはり撮影用ですね。
 
このようにFSQ85EDは、106叩き台にしてコンパクト機として相応しく。またコストを下げる工夫が施されてる望遠鏡だと思います。FSQ106EDがリリースされたころ。観望用に鏡筒構造を簡素化した安価なモデルを希望する声も多かったのですが、この85を見る限りそれは無理だったのかな・・・と思いました。というのも、106より小口径にして、設計も工夫してコストダウンを図ったにも関わらず値段は約30万円します。仮に106のほうをもっと簡素化された鏡筒に組み込んでも、そんなに大幅なコストダウンにならないことがこの85から伺えますし、やったとしてもチャチな鏡筒構造ではたちまち光軸が狂って使い物にならなくなることが、想像に難くないです。そう考えると、実は106のほうも、タカハシさんとしてはかなりのサービス価格だったのではないでしょうか(いまは値上がりしてますが・・・ねwww)。
 
今夜は晴れるようです。月があるようですが、まずは自分の目で覗いて、ファーストライトを済ませたいと思います。
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

やっぱりベビーQでしたか。いいな~・・。
コンパクトで軽くて高性能。こんな筒一本欲しいです。

No title

いよいよ冬眠からお目覚めですね?
新しい機材でのご活躍を楽しみにしてます(^^)
今年も、こもロハスさんが天ガ・星ナビで活躍される様子が目に見えるようです(*^^*)

No title

> mn3192さん
はい。Baby-Qでした。やはりこのサイズはいいですね~。しかしながら、重さは約4Kg。意外にズシリときますよ。

No title

> MrJDISさん
コメントありがとうございます。ようやく冬眠から抜けつつあります(笑)。軽くなった機材でフットワーク軽く行きたいと思います。

No title

こもロハスさん、こんばんは。
お久しぶりです。私は、ε-130Dかと思ってました。ファーストライト楽しみにしてますね^_^

No title

> ひろたろうさん
恐縮です。自分は根っからの「屈折派」なので、よほどの理由が見つからない限り、反射系にはいかないと思います。ところで...106ED用の1.6×エクステンダーが欲しくなってきました。理由は次回の記事で。

No title

私もFSQ-85EDを使ってますが眼視性能もなかなかです。
所有しているFC-100よりも上です。

No title

> th2546さん
コメントありがとうございます。昨夜、眼視観望にてファーストライトを行い、入念にスターテストをして、その性能に少々驚いております。次の記事でお話ししたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!