FC2ブログ

記事一覧

星。スキー。ニュージーランド

ここ長野県では。高い山々が続々と雪化粧をし出して、本格的な冬の訪れが間近です。
 
真冬って透明度が上がって星を見るのに最適・・・と思われるのですが、ここ長野県ではそうでもありません。
 
まず寒い!!北海道ほどではないですが、ここ長野県東信地方は本州で最も寒い地域の一つ(菅平高原なんか、日本で一番低い気温を記録することしばしば・・・)。自分もマイナス10℃くらいまでなら、湯たんぽかかえて車中伯できるのですが、1~2月はそれ以下に冷え込む夜もしょっちゅうです。
 
あと・・・撮影地が無い!!撮影に好適な高い峠などは、冬季は軒並み通行禁止になります。また夏期に使えるスキー場近辺の駐車場などは、スキーのナイターや造雪作業のための照明のため、昼間のように明るくなってしまいます。そのような理由で、よく使う湯の丸高原はもうすでに使えません。昨年までは、このスキー場のナイト照明が恨めしくもあったのですが・・・
 
あと撮影地が原因ではないのですが、特に1~2月の撮影対象になってくる「小宇宙(銀河)」が、自分の機材(デジタルカメラ)。そして自分の処理がどうも苦手とするところでして。
 
そんなこんなで、毎年。1月~2月は自然と天文活動を自粛していました。ま。一番の理由は寒さなのですが。
 
んで。発想の転換で、冬季は天文活動を「完全冬眠」することといたしました。というのも、10数年前に情熱を注いでいた
 
スキー
 
への熱い想いが、昨シーズンの冬季オリンピックで刺激されて、12年ぶりに復帰したのは以前もご紹介しました→(http://blogs.yahoo.co.jp/komo_lohas/11876777.html)。やっぱりスキーって楽しくて、この冬は(前向きに)天文を休んでスキーにハマることといたしました。そうなるとスキー場のナイト照明も心なしか許せます(苦笑)。
 
さて。かの題目の一つ。
 
ニュージーランド
 
ですが。実は(以前も言ったかな?) 2000年~2001年にかけて、ワーキングホリデーで滞在していました。
 

 
いまは亡き。南島のChristChurch(クライストチャーチ)の大聖堂前。
 

ミルフォード国立公園内のダート氷河にて。
 
実はニュージーランドに行った理由の一つがこれでした。
 

 

 
当時。スキーに夢中で、「ニュージーランドで星」という考えはほとんどありませんでした。現地のワーキングホリデーデスクの方が、自分の趣味に「星」があることに目を留められて、現「Earth&Sky」主催のテカポ在住の小澤さんを紹介され、テカポの星空ツアーで働かないか・・・と面談もさせていただきましたが、ニュージーランドに来た理由は星ではない旨を伝えてお断りしました。小澤さんもワーキングホリデーがルーツとのことで快く快諾しくれて、自分のワーホリ生活を応援してくださいました。
 
「星好き」の方々のなかでも。「スキー」でニュージーランドに行った人は自分くらいではないでしょうか。実際、南天の星空をじっくり眺めたことはほとんどありませんでした。
 
あれからすでに14年。「第二の母国」とずっと心に留めてるニュージーランドですが、ずっと再訪できずにいます。
 
来年の初夏あたりに、星をメインに再訪してみるのもいいかな・・・と思う今日このごろです。
 
スポンサーサイト



コメント

No title

こもロハスさん、はじめまして。

わたしも15、6年前に『スキー』でニュージーやオージーに行きましたよ。(笑
たいていスキーリゾートでの滞在(ニュージーはQTとワナカですが)でしたから、夜はなかなか星見の環境にはならなくて、その当時は南十字星すら見たことがありませんでした。今から思うとちょっともったいないことをしていたなぁと思ったりもしますが、懐かしく思い出させていただきました。

以前、長野(ジャンプ台のふもと)にも少し住んでいたことがありますので、こもロハスさんのブログはどこか身近でたまに覗かせていただいています。(笑

No title

おお、記事に書かれましたか!
私もスキーに熱中していた時は、全く星から遠ざかっていました。とにかくリフトが動いている間、昼食とトイレ以外はずっと滑っていました。八方尾根や栂池あたりでは、リフトに乗らず、終日ゴンドラのみで上から下までとか、奥志賀をスタートして丸池あたりまで下りてまた奥志賀に戻るとか、今やったらすぐにぶっ倒れるような滑り方でした(笑)

No title

> 898さん
コメントありがとうございます。自分はテカポ湖とクライストチャーチの真ん中あたりの「マウント・ハット」に一か月滞在しました。QTはスキー場の規模が小さいので、あまり定住してスキーをされてる方はいませんでした。ワナカでは日本モーグルチームの面々と顔を合わしました(笑)。一年もいたので、さすがに南十字星や天頂にかかる天の川の中心。大小マゼラン雲など。肉眼と双眼鏡では眺めました。そうそう。オーロラも見ましたよ。

長野のジャンプ台の麓・・・となると白馬ですね。あそこはアルプスの景観が素晴らしいスキーリゾートですね。大好きです。でも、かなりスキーに入れ込んでおられたんですね。

これからもよろしくお願いいたします。

No title

> matchiroさん


はい。マッチロさんの記事に刺激されたのと。「冬眠」宣言のために....(;^_^A アセアセ

マッチロさんも、なかなかのスキーフリークだったんですねえ。昨日も軽井沢プリンスで滑ってきましたが....リフト8本滑ってヘロヘロになりました....ORZ

これからどこまで体力を戻して、技術を上げられるか。若いころみたいにガムシャラではなく、楽しみながらマイペースで楽しみたいと思います。

No title

こもロハスさん、こんにちは。
思い切りましたね!メリハリを付ける事は良い事だと思います。
私も20代の時は、スキーは20日/年ほど上越方面に行ってました。
やはりスキーをやってた時は、星は余りやっていなかった様に思えます。
また当然の事ながらスキーの為に、海外へは、行ってませんね!
ちなみにハレー彗星の時にオーストラリアへ行ってきました。
オーストラリアの内陸で見た星々はもの凄く星明かりで自分の影が出来ていたのを思い出しました。^_^
できれば、らくだおやじさんのニュージーランドツアーにでも行きたいですね?

No title

> ひろたろうさん

ひろたろうさんもスキーをやられてたんですね。同じ自然を感じる趣味・・・ってとこは、天文にも共通しますね。

オーストラリアへは、「環境保全ボランティア」で一か月滞在しました。人がほとんど踏み入れない地域まで活動に行き。夜中に外のトイレに行ったときに見上げた漆黒の天に浮かぶ大小マゼラン雲と銀河は、脳裡に焼き付いています。悲しいかな。寒さと疲れでじっくり見ることはできませんでしたが・・・(涙)

らくだおやじさん・・・とは?

No title

こもロハスさん、こんばんわ。
すみませんご存知無かったですか。
ニュージーランドでツアーガイドをしているヤフーブログでお馴染みの「やる時はやりまっせ!」のラクダおやじさんです。
南天の星やオーロラ、彗星とかを紹介してくれるサイトです。星空備忘録と同じ位好きなサイトです。^_^

No title

> ひろたろうさん

そうなんですか。ブログをチェックしてみます。ニュージーランド大好きなので。

ありがとうございました。

No title

もう、湯ノ丸は使えなくなったんですか。前回行った時に、少し手前の所に電飾がついていましたので、そろそろ営業を始められたのでしょうか。このときは電飾はそれ程気にならない程度でしたが、いよいよシーズンですものね。せっかくですので、スキーを楽しんで下さいね。

No title

こんばんは。
中途半端なら思い切って冬眠。それも良い考え方だなあと思います。こちらも高い山は閉鎖、スキー場はライト点灯と同じような状態ですが、デジカメのノイズの少ないこの時期、多少明るい場所でも頑張らないとと思っています。

No title

地震大丈夫ですか?

No title

> くっしーさん
湯の丸はもう無理ですねー。スキー場オープンしました😣

No title

> のんたさん
デジカメのノイズが少ないのはいいですよね。しかし、寒さにはこの三年間勝てませんでした😣ぜひ頑張って、傑作をモノにされてください!

No title

> ari*eoj*さん
ご心配ありがとうございます。揺れが大きくてビックリして、思わず部屋内で一番高価な、天体望遠鏡が落ちないように、おさえてました。

No title

こもロハスさん

こんばんは。くろです。BlogにコメントをいただきFacebookとBlogの2つがつながりました(笑)
こちらのBlogはROMで何度も拝見していたので、なんか不思議な感じがします。

NZはとても素晴らしいところですね。私の場合は、スキーは半日でしたが星見には3晩でかけていました。
こもロハスさんも、次回いかれる際は両方を堪能してきてください。

No title

> くろさん
こちらへもコメントありがとうございます。ニュージーランドは大好きなのですが、このとき以来、もう13年訪れてません。来年初夏に訪れようと画策してるのですが、くろさんはどのように旅行をコーディネイトされましたか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!