FC2ブログ

記事一覧

しらびそ高原に行ってきました。

10月25日~26日にかけて、しらびそ高原に行ってきました。
 

ネット上で知り合った、大阪の天文仲間の呼びかけで。いわゆる「プチオフ会」です。ちなみに今年で二回目(爆)
 
いやあ~、しかし遠い遠い。同じ長野県内なのに、高速ブッ飛ばして片道4時間かかりました( ̄Д ̄;; そんで最寄の飯田市から しらびそ高原までのの道がスリリングなこと!車一台しか通らない山道が長く続くので、ドキドキです(;´Д`A。 しかし、そのようにアクセスが悪い代わりに、秘境感満点。こういう環境だから、いまだに暗い空が残ってるのでしょうね。
 
自分が到着したのは夕方6時すぎ。目的地の「土捨場」に行くのを間違えて「ハイランドしらびそ」に行ってしまったら・・・。すっごい数の望遠鏡が林立!!さすがは星空のメッカ・・・と思ったのですが、某SNSの星空グループの、これまたオフ会があったようです。そしてようやく「土捨場」についてみると、ここにも車がたくさん!!普段、一人での撮影がほとんどなので、あまり落ち着けません・・・と思って、一応、快適に撮影、観望できるようにご挨拶にまわったら・・・。知り合いばかりやんけw(*゚o゚*)w。はい。普段、ブログやFaceBookで繋がってる方ばかりなんですよホント。それでそういう方たちが、これまた誘ってくれた知人を知ってまして、無事にご対面。暗いので顔が分からないので、会えるか不安だったのですが。いやあ~。こういうとき。ネットの力。面白さを感じます(皆さんお世話になりました。)
 

しらびそでの撮影、観望風景。
 
ご覧のとおり、かなりの望遠鏡が林立しています。土捨場の逆サイドにも、けっこうな数の人がいらしたので(後にその中にも知り合いがいたことが判明)、40~50人は、この夜、しらびそ高原の土捨場にいたと思います。
 
さて、肝心の夜空ですが・・・。素晴らしかったです!!日が落ちたばかりの時は、南西の飯田市。南の静岡県方面の光害がかなり目立ちましたが、時間を経ていくうちにその光も消えていき、天文薄明開始二時間前あたりになると、ほぼ完全無光害。よく本当の夜空の色は「ニュートラルグレー」と言いますが、本当に夜空がグレーに見えたのは、国内では初めてでした。そのグレーの夜空に、サラサラと繊細に流れる天の川が美しかったこと!そしてアンドロメダ星雲の広がりがデカイ!!M33も(心眼で)見えてる・・・かな?流星もすっごいのが何本か飛びましたし、実は・・・国内ではじめて「カノープス」を見ました(ニュージーランドでは見てますよ!)。赤っぽく見えるかと思ったのですが、なんのなんの!シリウスに似て明るく、きちんと青白く見えました。やはり標高高い。空気薄いだけあるなあ~。
 

一枚画像からのやっつけ処理なので、辛口評価はご勘弁を(^_^;)。のちほど撮影した画像は、キチンと処理をして公開いたしますが、雰囲気だけでも。
 
実はこの構図で撮影をはじめた直後に曇られてしまい、そこで撮影は終了になってしまいました。天文薄明まであと一時間あったので、悔しい思いをしました。
 
その後昼の10時まで仮眠。起きたらもうほとんど車が無くなっていました。せっかく皆さんの機材を見物しようと思ったのにぃ~(涙)。
 
そのあと「ハイランドしらびそ」で食事とお風呂に入って、帰路につきました。紅葉もとても綺麗でした。
 

 
さすがは天体用カメラ(EOS60Da)。赤が濃ぉ~く、出てますね!!
 
そんなこんなで、しらびそ遠征は終了。普段、一人での撮影が多い自分にとって。最初は落ち着けないかな・・・と思ったら、なんのなんの。同好の方々とのおしゃべりや、観望されてる方々のドブソニアンを覗かせてもらったりで、まったく退屈せず。あっと言う間の本当に楽しい一晩でした。
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは
まるで星祭ですね。
また自分が経験したことのないような素晴らしい星空だったようですね。
死ぬまでに一度は行ってみたくなりました。

No title

こもロハスさん。
しらびそ遠征晴れたようで良かったです。残念ながら用事があったので行けませんでしたが、来年御一緒しましょう。
よろしくお願いします。

No title

さすが星空のメッカですね。沢山並んだ望遠鏡が、関東近郊の遠征地みたいです。
この日のしらびそ辺りのGPV予報は、かなり微妙な感じだったんですが、それでも3時過ぎまで良い夜空だったんですね。私も是非一度行ってみたいです。それにしても小諸からでも4時間ですか?遠い!

No title

よっし~さん
はい。星祭りのようでした。でも集まってる方々は、皆マニアなので、観望対象もマニアック。撮影、画像処理技術や機材の批評など・・・。とお~っても濃いぃ話が出来て、全く退屈しませんでした。ぜひ今度はご一緒しましょう!!

No title

のんたさん
しらびそは秋~冬の晴天率が高いようで、皆さん。このタイミングを見計らってたのでしょう。この星空は一見の価値ありですので、来年は二回ほど遠征しようかな・・・と思います。ぜひご一緒しましょう!!

No title

くっしーさん
実は自分も、あまりに遠いのと人が多すぎる情報があったことで、ちょっと躊躇してたのですが、知人の「晴れてますよ!車も減ってきました!」の知らせで行ってきました。お互いマニアなので、マナーもよくとても楽しい星見and撮影でした。着いたときは曇ってましたが、20時くらいから晴れました。自分。晴れ男なんですよ(笑)。長野市からは高速が直通であるので、3時間くらいで行けると思いますよ。ぜひ、今度はご一緒しましょう!!

No title

しらびそ遠征お疲れ様でした!
薄明終了時の雲には、「もうだめか…」と思いましたが、1時間もせずに雲もなくなり、最高の星空の元、撮影が行えましたね。
皆さんとお話ししていると、薄明まであっという間^-^;; まだ話足らないくらいでした。

この日の空は、星がまたたかない、ほんとシーイングの良い夜でしたね。
一緒に観望してたドブソニアンで、トラペジウムのE星F星が余裕で見えたのは驚きでした。

薄明開始1時間前に雲の襲来があったのは残念ですが、それでも十分に撮影できました。
また、来年しらびそ遠征、ご一緒しましょ~(^-^)/ また、それまでにご一緒出来そうなタイミングありましたら、是非よろしくお願いします!

No title

4,50人ですか!凄いですねぇ。
想像もつきません。昔、富士山西臼に行った時ハ、30人以上いて驚いたものですが・・
まさにメッカという感じですね。
しかも最高の条件だったようで、羨ましいです。

No title

たらちゃんさん
背中を押してもらってありがとうございました。片道4時間はきつかったですが、それだけの価値ある星空でした。相変わらず無計画で、たいした成果はあげられてないのですが、おしゃべりと星空を見ただけでも大満足でした。この時期のしらびそ高原は、もう恒例にしましょう(笑)

No title

UTOさん
正確に数えたわけではありませんが、そのくらいはいたと思います。また「ハイランドしらびそ」には、SNSのオフ会で50人は集まっていたようです。望遠鏡での直焦点撮影する分には、お互いマニアなのでそんなに心配することはありませんでした。しかし、広角での撮影はちょっと辛いですね(汗)

No title

こもロハスさん、こんばんわ。
片道4時間ですか、埼玉からだともっとかかるのですかね?
でも観測風景も凄く楽しそうだし撮られた画像拝見しても遠路遥々行ったかいがあった様ですね!
自分も星降る里に是非行ってみたいです。力作楽しみにしてますね(^_^)

No title

いい星空と沢山の仲間達とは、素晴らしい一晩でしたようで、羨ましいです~。でも同県でも4時間とは、結構かかるのですね。
昔はうちからはゆうに3時間以上かかりましたが、今では道がよくなる一方で、夜なら2時間半位で行けそうな・・

No title

ひろたろうさん
長野県は、とにかく山があるので、高速道が未だに上手く配置できないんです。自分の住んでる東信(軽井沢あたり)からしらびそのある飯田に行くには、八ヶ岳を越えるか、高速で長野まで北上して200キロ南下するかのどちらかで、3時間かかります。飯田ICからしらびそまで一時間かかります...。あと少しで県横道が出来るので(佐久~諏訪)それが出来れば、一時間は短縮できると思います。

No title

me_*0*55
コメントありがとうございます。どちらにお住まいですか?地図をよく見たら、うちからしらびそまでの距離が、名古屋からしらびそまでの距離の二倍はありました。県内でも南信のほうが暗い空(秘境駅が多いことで、鉄っちゃんには有名)の場所が多いので、意外と名古屋は天文ファンにとってはいい場所かもしれません。

No title

しらびそ遠征、お疲れ様でした。
私は反対側に陣取っていたのですが、宵の口にご挨拶したあと、あまりそちら側に行かなかったので、それきりになってしまいました。
次回の企画がありましたら、また参加するつもりなので、その時はよろしくお願いします。

No title

しゃあまんさん
コメントありがとうございます。名古屋のクマさんのお近くにおられましたでしょうか。自分も暗闇が迫ってたので、機材の設置に移ってしまいあまりお話しできなくて残念でした。金曜から入れば皆さんとお昼にゆっきりお話しできると思うのですが、自営業のためそうもいかず(涙)。またぜひご一緒いたしましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!