FC2ブログ

記事一覧

ありゃりゃ・・・長野県ってけっこう光害ひどいのね(汗)

フェイスブックの「デジタル天体写真」グループで、面白いURLが紹介されましたので、以下に張っておきます。
 
Light Pollution Atras
 
もう。すでにご存じの方も多いかとは思いますが・・・
 

 
いやあ・・・。もはや天文ファンには周知の現実かもしれませんが、日本列島がクッキリと浮かびあがってます。やはり先進国や人工の多い地域ほど、光害が多いのは明白です。しかしオーストラリア少ないですね。天文マニアがこぞってオーストラリアに遠征するのもうなずけます。南天だし、治安いいし、英語通じるし、晴れるし・・・。
 

 
これを見ると、もはやこんな状況の日本列島で、天文趣味をやるのがいかに大変か・・・。自分は自分をほめてあげたい気分になりますよ。しっかしひでえなあ・・・。特に三大都市圏は光まみれで飽和してます。しかし何気にこの地域の方々が熱心に天文趣味を続けていらっしゃるのも知っています。本当に尊敬してしまいます。
 

 
関東甲信一帯です。東京から埼玉南部は飽和状態。群馬もひどいですね。しかし、長野県も全体的に光害は多めです。南アルプス一帯は比較的暗いですが、ここに有名な「しらびそ高原」があります。県内では随一の空の暗さだったので納得です。しかし、北アルプスを越えて岐阜県に入ると、長野県よりはマシになる感じです。
 

 
これが、自分の住む長野県東信地方を中心にした地図です。これを見ると、けっこう光害ありますね・・・
北海道や東北。四国、九州にポツリポツリと見えていた青くて比較的光害が少ない地域は皆無です。これはけっこうショックです。
 
このことはなんとなくは分かっていました。自分が日常に遠征できる範囲では、もはや光害から抜け出せる場所が無いということを。特に長野オリンピックが誘致され交通網が整備されだしてからは、この東信地方は首都圏へのアクセスもいいので、県内でも開発が盛んになり、急激に夜空の暗さが浸食されだしました。この地域で昔から天文をやってる方々は、この10年くらいでこぞって天文界の一線から退いてしまいました(著名な新天体捜索家の高見沢さんや木内さん。天体写真家の北原さんなどがいました)。このことは光害の拡大とはけっして無縁ではありません。
 
ただ、長野県には他の県には無い強みが一つだけあります。それは
 
標高が高いこと。
 
多湿の温帯気候である日本で、本当にクリアな空を求めるとしたら、標高をかせぐのが一番効果的です。自分の住んでる地域は、たしかに光害はひどくなりましたが、周りには標高1500~2000mくらいの高原が、車で一時間圏内にいくつかあります。そこまで行っても「全天無光害」なんて状況は、もはや夢物語ですが。撮影する対象によって観測、撮影地を選べば、それなりの好条件を得ることができます。また空気がクリアだということは、ある方向からくる光害があまり拡散しない効果もあります。
 
この地図を拝見して、多少のショックは受けましたが、へこたれずに頑張りたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

No title

自分から見るととってもうらやましい環境にあると思いますよ。
光害の問題もありますがそれよりも晴天率がいい。
長野は岡山と並んで晴天率のいい地域だそうで・・・。

No title

お早うございます。
いやぁ、これはひどいもんですね。以前、hanaさんがもう日本で天体写真をやるには限界があると書かれていましたが、オーストラリアやニュージーランドの星空を実体験としてもっている人たちは当然そう思うのでしょうね。そうはいっても、与えられた環境下で出来るだけいい条件を探し求めて行くのもこの趣味の楽しみの一つと考えれば、そう悲観したものでもないかと。

No title

こもロハスさん、こんばんわ。
長野も結構明るいのですね!私の住む埼玉県北は、長野市と同じ位ですね!
私が30年以上前に行った野辺山や海ノ口周辺、南相木村など本当に暗かったですけどね!
今はデジタル化が進み光害地でもだましだまし何とかなってますが、本来なら昔行けた乗鞍岳や、雲海のかかった浄土平辺りてじっくり時間をかけて撮ってみたいですね!
それにしても貴重なデータのご紹介ありがとうございました。(^_^)(^_^)

No title

ari*eoj* さん
たしかに。晴天率がいいというには嬉しいことですね。ただ、山岳気候のためシーイングが悪く、局所的に雲が湧きやすいという欠点もあります。

No title

マルさん
最近では日本よりも状況が酷い、香港の方の作品もネット上で見るようになりました。フィルム時代は全滅と言われて地域ですが、デジタルになって努力次第でかなりの作品が残せるようになったようです。おっしゃるとおり、いまある環境で最大限の成果を求めて頑張るしかありませんね。

No title

ひろたろうさん
宇宙飛行士の土井隆雄さんが学生時代に野辺山で撮影された写真を拝見したことがありますが、南の地平線まで真っ暗闇でした。70年代の写真だったと記憶してますが、自分が生まれたころは、こんなにも暗い星空があったのだと感慨深いものがありました。いま県内では「星空」をネタにした観光や町起こしも出始めてますが、岡山の美星町みたいに「光害条例」をつくるなど、もっと本腰を入れてやってもらえたらいいのに・・と思います。

No title

木内さんは最近の著書から捜索から身を引かれているのがわかるのですが、高見沢さんも引かれているのでしょうか。
彗星会議に行っても眼視捜索者は本当に減りました。

No title

> てんりMH784さん
コメントありがとうございます。高見沢さんは、いまは「蜂」の研究のほうに興味が移ってるようですね。

No title

はじめまして、
銀河・星雲を対象とした長焦点(2800-4000㎜)撮影の拠点を探していて、野辺山を候補に考えております。
スキーを趣味とする友人たちからはシャトレーゼとサンメドウズスキー場からの光で厳しいと指摘を受けているのですが、30度以上の高度であれば問題ないのではと思いますが、実際いかがでしょうか?
先日遠征したのですが完全に曇ってしまい、判断できませんでした。

No title

> やなもだけさん
こんにちは。
自分は野辺山は自宅から少々遠いため、撮影等ではほとんど行ったことがありません。
なので、野辺山の様子は分かりません。
お役に立てず申し訳ございません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!