FC2ブログ

記事一覧

梅雨入り前に「サドル」お試し

先日の湯の丸遠征にて。FSQで撮影した唯一の画像です。
 

 
                       「白鳥座 ~サドル付近~」
<データ>
2013年6月1日 22:06 ~
タカハシ:FSQ106ED + RD QE0.73×(f 385mm/F3.6)
キャノン:EOS6D(SEO-SP4 / ISO1600)
露出:210sec×25枚
ビクセン:SXP赤道義 
ガイド: アドバンスユニットによるビデオ(オート)ガイド
撮影場所:長野県東御市 湯の丸高原
Photoshop CS6 にてRAW現像、レベル、トーンカーブ、色彩等調整、マスク処理
RAP2にてダーク減算
ステライメージVer 7 にてコンポジット。周辺減光 / カブリ補正
 
適当なフラット画像が無かったため、ステライメージの周辺減光 / カブリ補正を使っておおまかな補正をして、あとはフォトショップで「お絵かき」しました(笑)。それでもまあ、見れる画像になってるのは、フルサイズでも比較的周辺減光が少ない光学系のおかげでしょうか。ただしレイヤーの枚数はかなりのものになりましたが・・・アセアセ
 
この領域は初めて撮影しましたが、赤い散光星雲の巣窟ですね。IR改造したデジカメだと、いくらでも赤くできそうなので、ネットから他の方が処理した画像を参考にしたり、背景のカラーバランスを取ることで見切りをつけました。ブログ画像で分かりにくいかもしれませんが、赤と青の微妙な諧調の混ざり合いも美しい領域ですね。レベル調整をいじってると様々な表情が出てきて、興味深い場所です。
 
この画像撮影時に初めて「バーティノフマスク」なる、文明の利器を使いました。いやあ~便利ですねえ~www。いままでフード前に装着するのが億劫で、あっても使ってなかった(それほど面倒くさがり屋です・・・)のです。FSQは、ジャスピン前後で星の周りに出るハロの色が変わるので、目でもあるていど客観的にピント位置が分かるので、無くても特に不自由はしませんでしたが、TOAやTSAでは、色収差がほとんど無いのでそうはいきませんでした。これからはTOAでの撮影ではマストアイテムですね。15センチ用のを用意しよ~っと。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!