FC2ブログ

記事一覧

12月3日のラブジョイ彗星(C/2013 R1)

アイソン彗星亡きあと。彗星好き天文ファンの心の拠りどころとなってるのが、まさに彗星のごとく、この秋に現れた
 
ラブジョイ彗星(C/2013 R1)
 
です。
 

「12月3日未明のラブジョイ彗星」
2013年12月3日3:47~
タカハシ:FS60CB + RD C0.72×(f 255mm/F4.2)
キャノン:EOS60Da(ISO1600)
露出:60sec × 15枚
ビクセン:AXD赤道義にてノータッチガイド
Photoshop CS6 にてRAW現像、レベル、トーンカーブ、明るさ、色彩等調整
RAP2にてダーク減算
ステライメージ7にて彗星核コンポジット。カブリ補正。
場所:長野県佐久市春日
 
これはもう立派な「準」大彗星です。肉眼でハッキリと見え。双眼鏡でもテイルが見えます。以前より集光が強くなってきた印象です。画像からは、途中でテイルがくびれてるのが分かります。FSQ106EDにペンタックスXW20をつけて27倍で眺めてみましたが、キラキラと輝く鋭い核を大きなコマが取り巻き。そこからスッと伸びる長いテイルが本当に美しかったです。撮影ばかりしていましたが、観望をしてみるとまた違った魅力が感じられます。以前、百武彗星が接近した際に、自宅で望遠鏡をのぞきながら必死にスケッチを取ったことを思い出しました。スケッチを取ってる間にも、グングンと視野を動いていくダイナミックさに感嘆したものでした。
 
撮影場所は二日前と同じ佐久の某所。二日前は風が強く、SXPではブレブレの画像しか残せなかったので、初めてAXDを遠征に使いました。さすがにFSQとFS60CBを載せただけでは安定感抜群で、撮影したコマはすべて成功していました。重いことをのぞいて、すべてにおいてSXPより作業がラクになります。これからAXDも遠征で積極的に使っていきたいと思います。


 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!