FC2ブログ

記事一覧

「木星」の画像処理・・・ドツボにハマる・・・

昨夜は木星を撮影しました。しかしながら画像処理でドツボにハマりました。   「木星」2013年10月31日 05時12分35秒~タカハシ:TOA150B(D150mm/F7.3) + テレビュー プローセル20mmキャノン:EOS60Da(ISO1250)ビデオクロップにて動画録画 ビクセン:AXD赤道義  Registax.Ver6にてスタック。ウェーブレット処理Photoshop.CS6にて明るさ、コントラスト、色彩調整※トリミング...

続きを読む

意外と見れない木星の大赤斑

現在、木星が観望好機です。真夜中に南中するのですが、明け方は比較的シーイングが安定しやすいので、この時期でも良像が望めそうなのです・・・が!!なかなか観望、撮影のチャンスに恵まれません。一昨年、昨年と9月~10月にかけては晴天、シーイングともに恵まれ、素晴らしい木星を観望できたのですが、今年は全くダメです。まず晴れない!木星もどんどん冬の星空に移ってきてるので、よいシーイングにも恵まれにくくなって...

続きを読む

M31を初めてまともに撮影してみた

天体の撮影を初めて多くの人が最初に狙う対象はなんでしょう。 M42 オリオン大星雲M31 アンドロメダ星雲 この二つがトップ2に入るのではないでしょうか。どちらも肉眼で見えるほど明るく。比較的短焦点でも迫力のある画像が得られるので多くの方々が狙います。 1年前に天体撮影を再開してまだM31をまともに撮影、処理してないことに気づき、27日。ラブジョイ彗星が昇ってくる間に初めて本腰を入れて...

続きを読む

10月27日のラブジョイ彗星(C/2013R1)

いま明け方の東の空は、彗星で大賑わいのようです。 期待のアイソン彗星(C/2012S1)をはじめ、エンケ彗星(2P)。14等級の予想から一気に8等台に大バーストしたリニア彗星(C/2012X1)。そして・・・   「ラブジョイ彗星(C/2013R1)」2013年10月27日 23:44~23:53タカハシ:FSQ106ED(f 530mm/F5)キャノン:EOS60Da(ISO6400)露出:10sec×12枚(彗星核コンポジット...

続きを読む

「昴」再処理

10月10日に掲載した「昴」を再処理しました。 フラットフレームを取得していなかったので、周辺減光とカブリはステライメージ Ver6.5でカンタン処理しました。けっこう効果があったようで、前回の画像よりフラットで淡い分子雲まで表現できたと思います。  なんか、画像処理が面白くなってきましたよ。早く次の新月期に新たな対象を撮影したいです。...

続きを読む

「IC405/IC410」再処理

先日載せた、「IC405/IC410」を再処理してみました。 いろいろとアドバイスをいただいた中で、「IC405の色合いがおかしい。カブリによる影響ではないか」との指摘がありましたので、ステライメージ(以下、SI)の「RGB分解カブリ補正」を試して処理をしてみました。  IC405とIC410が、ほぼ同じ色合いになりました。どうやらご指摘のとうりカブリの影響を受けていたようです。ただこの領域は、たいへん星が多い...

続きを読む

モンキー星雲 NGC2174-5

10日に佐久穂町に遠征した際に撮影した、もう一つの対象を処理しました。  「モンキー星雲 NGC2174-5」<撮影データ>2013年10月13日 1:49~タカハシ:FSQ106ED + レデューサーQE0・73×(f 385mm/F3.6)キャノン:EOS60Da(ISO 1600)露出:300sec×5枚ビクセン:SXP赤道義 ガイド:miniBORG50+ワテック:WAT-902H2 ULTIMATE  アドバンスユニットによるビ...

続きを読む

「RAP2」の劇的効果!!

T-Fixさんより、春にご紹介いただき。購入したまま使っていなかった「RAP2」を、いよいよ使うときがきました。というのも、以下の画像をご覧ください。  おなじみの IC405/IC410 。ぎょしゃ座の中心で輝く散光星雲です。FSQ106EDで撮影しました。FSQ106EDはレデューサーを付けても通常の処理では周辺減光もあまり目立たない優秀な光学系ですが、この対象はものすごく淡く、星雲を強調処理する...

続きを読む

「木星」の画像処理

アストロアーツの投稿写真や、いろんな方木星の画像を見てると、自分の画像が模様の「メリハリ」 も、コントラストも足りないのが分かります。皆さんが決まってやっておられるのがステライメージの「画像復元処理」。テキストを見ても詳しいやり方が載っていないので避けていましたが、より良い画像への欲求を抑えられず、ググッてやり方を見つけましたのでやってみました。元画像は「10月14日の木星」を使いました。 &nb...

続きを読む

10月14日の木星

昨夜は月没時刻が午前0時30分ごろ。少しの暗夜を求めて遠征しようかと思いましたが、前日の疲れが残っていて。特に気温差に体が参っていたようなので自宅での撮影にしました。 自宅から光害カットフィルターを使って、TOA150Bでカシオペア近辺の散光星雲でも撮影しようと思いましたが、仮眠から起きたのが午前2時。寝過ごしました(汗)あまり気力も湧かず、「木星だけでも」と思い、木星を導入すると・・・ ...

続きを読む

10月13日のアイソン彗星(C/2012 S1)

10月12日、13日とアイソン彗星を撮影しました。12日撮影分は自宅からということもあり、想像以上に光害を受けたようで、処理をしてもパッとしないのでお蔵入りにしました。TOA150 + 35フラットナーの1080mmで核のクローズアップを狙ったのですが・・・ 13日のアイソン彗星  2013年10月13日 4:04~タカハシ:FSQ106ED(f 530mm/F5)キャノン:EOS60Da(ISO 1600)露...

続きを読む

これから

現在、東京。これから長野に戻って麦草峠に出っ張ります(*^^*)昨夜は自宅から木星とアイソン彗星を撮影しました。今夜の収穫も含めて、明日、処理したいと思います。それにしても、予報だとこれから急に冷え込みますね((((;゚Д゚)))))))。一旦自宅に戻って、防寒着の追加が必要かも(>_<)...

続きを読む

「昴」お遊び処理

先日のアイソン彗星を撮影した際に、彗星が昇ってくるまでに撮影した「昴(M45)」です。 2013年10月7日 1:20~タカハシ:FSQ106ED(f 530mm/F5)キャノン:EOS60Da(ISO 800)露出:360sec×8枚ビクセン:SXP赤道義 ガイド:miniBORG50+ワテック:WAT-902H2 ULTIMATE  アドバンスユニットによるビデオ(オート)ガイド撮影場所:北八ヶ岳天文台(長野県佐久市)Phot...

続きを読む

「北アメリカ、ペリカン星雲」再処理

先日掲載した、「北アメリカ、ペリカン星雲」を再処理してみました。  mixiで交流のある、画像処理の名人の方(自分は師匠と呼ばせてもらってます)から「暗黒星雲の部分にも赤が回ってるので、赤を引いて黒を引き出したほうがいい」との指摘を受けて、自分なりに表現してみました。 簡単に言うと、 赤のレベルを下げる    ↓星雲の色を持ち上げるためにマゼンダのレベルを上げる。    ↓彩度を上げる&n...

続きを読む

10月7日のアイソン彗星(C/2012 S1)

ようやく、はじめて「アイソン彗星」を捉えました。  「アイソン彗星(C/2012 S1)」 <撮影データ>2013年10月7日 3:36~タカハシ:FSQ106ED(f 530mm/F5)キャノン:EOS60Da(ISO1600)露出:150sec×5枚ビクセン:SXP赤道義 ガイド:miniBORG50+ワテック:WAT-902H2 ULTIMATE  アドバンスユニットによるビデオ(オート)ガイド撮影場所:北八ヶ岳天文台(長...

続きを読む

今更ですが・・・しらびそ高原での成果①

もう二か月ちかく経ってしまいますが、8月10~11日にかけて遠征した しらびそ高原での成果です。  「北アメリカ、ペリカン 星雲」2013年8月10日 23:17~タカハシ:FSQ106ED + レデューサーQE0・73×(f 385mm/F3.6)キャノン:EOS60Da(ISO 800)露出:360sec×9枚ビクセン:SXP赤道義 ガイド:miniBORG50+ワテック:WAT-902H2 ULTIMATE  アドバンスユニ...

続きを読む

TOA150B ~最高のオールラウンダー~

タカハシのTOA150Bを使用し始めて、2週間ほど経ちました。眼視観望。拡大撮影。星野撮影と一通り使用してみましたので、この望遠鏡のファーストインプレッションを書いてみようと思います。  <TOA150B 概要>口径:150mm / 焦点距離:1100mm (F7.3)三枚玉分離式EDアポクロマート (タカハシでは Triplet Ortho Apochromat の頭文字を取って「TOA型アポクロマート」と呼んでいる...

続きを読む

NGC6992(網状星雲)

9月29日に撮影したNGC6992。網状星雲の東側です。  <撮影データ> 2013年9月29日 22:07~タカハシ:TOA150B + TOA35レデューサー 0.7×(f 775mm/F5.2)キャノン:EOS60Da(ISO 800)露出:180sec×8枚ビクセン:AXD赤道義 ガイド:タカハシFS60CB +ワテック:WAT-902H2 ULTIMATE  アドバンスユニットによるビデオ(オート)ガイド撮影場所:自宅...

続きを読む

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!