FC2ブログ

記事一覧

五藤テレスコープ株式会社。いよいよ始動!!

昨年、ひっそりと設立されて、名門「五藤光学」の望遠鏡部門の業務を引き継ぐ形で運営をはじめ、その動向が天文ファンから注目されていた 五藤テレスコープ株式会社 がいよいよ小型双眼鏡で、その実力を世に問うようです。 http://gototelesco.co.jp/130621pressrelease.html 「SutarCruise842」 EDレンズを採用した、ダハ式の双眼鏡です。 このスペックは、天文から鳥見。コンサートやスポーツ会場...

続きを読む

昔の赤道義

この前の日曜日。おなじみの「大田区自然休暇村」での観望会ボランティアでした。 ボランティアメンバーの使用機材については、ここでも何度か紹介していますが、どれも古い機材を大切に扱っています。休暇村所有の機材も                             高橋製作所:FS78 +...

続きを読む

星への渇望・・・

梅雨です・・・ 梅雨・・・です・・・(ヒロシ風に) 皆さんも、星を拝めなくて悶々としていると思います・・・ 星が見たい! 星が見たい!! そう。星が 見たい!!! んです。 この時期はいつもそうです。星が見れないでいるとストレスが溜まって・・・。 今年は撮影済で溜まった画像の処理をやろうと思ったのですが、仕事でパソコンに向かってると・・・プライベートでパソコンに向か...

続きを読む

スターベース中古市

題名も中古市ですが、仕事で中古市場のセリに参加したついでにAKBのスターベースへ。こちらも中古市の初日でした^_^EM200の新旧モデルの中古がズラリ。これがTOA150だったら食指が動いたかも。あと、例のTOA新型レデューサーの買い替えのためか、旧型のレデューサーがいくつかおいてありました。ところで今日は、天体望遠鏡専門店には珍しく親子連れが多かったですね~。小ちゃな双眼鏡が三万円もするのに驚いてた若いお母さんが...

続きを読む

FSQ106EDの誤った使い方?!

梅雨に入り、開店休業中のFSQ106ED Nu‘Q‘ です。  現在、露除けフード(Dew Sheild)を作成中のため、醜い姿になっております。望遠鏡本体を型にして作るのは‘こもロハス‘流です(汗) さて、昨夜は夕方になって晴れてきました。少しでも星を見たいと思い、Nu‘Q‘くんに登場ねがいました。Nu‘Q‘くん。最近、観望や観望会での出動ばかりで本来のアストロカメラとしての活躍の場を与えられて...

続きを読む

大田区観望会とFCT100

6月8日は、毎度毎度の大田区休暇村(東御市)に林間学校に来る、東京大田区の小学生向けの観望会ボランティアでした。 この日は19時前に「ISS」が北天を通過するという、いわばサプライズも用意(?)していたのですが、あいにくの梅雨空・・・・。小学生の男の子、女の子にはかわいそうなことだなあ・・・と思いました。 しかし、これも人間の思い通りにならない自然への対処として、受け入れてもらういい勉強に...

続きを読む

使用機材紹介~FS60CB+RDC0.72×~

鏡筒では自分が所有する最古の望遠鏡です。                          タカハシ FS60CB+RDC0.72× 2006年に数年ぶりに天文を細々再開する際に購入。当時は東京のせまいアパートに暮らしていたので、コンパクトで高性能。タカハシにしては低価格ということで入手いたしました。 しばらくは眼視オンリーで使用。TSA120を入手してからはほとんどデッドストックになっていたのですが...

続きを読む

V-SDP〇〇〇S??

今月の「天文ガイド」 いよいよ来ましたね。  果たして口径は?焦点距離は?F値は?光学系は?お値段は?こう見るとけっこう筒が短いので、タカハシのFSQあたりにぶつけてくるかもしれませんね。AXとSDPの技術を統合すれば、新しい光学系も考えられます。限りなくカメラレンズに近いかもしれません。F4でも眼視オッケーなんてのだったりして・・・夢が膨らみます。 まあ、思いっきり写真に振った設計だとした...

続きを読む

アイソン彗星に向けて

梅雨に入ってしまいました・・・・。まだパンスターズ彗星も、レモン彗星も観測可能ですが、いかんせん天気が期待できません(汗) パンスターズ彗星は、3月に日本から見え始めたときに、眼視では楽しんだのですが撮影には失敗。それはカメラの「バルブ」設定を忘れるという基本的なミスでした・・・・。何をやってんだか・・・ そんなこともあって、晩秋から観測可能になるアイソン彗星は、きっちりと追いかけたいと思...

続きを読む

プロフィール

こもロハス

Author:こもロハス
FC2ブログへようこそ!